体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

TVアニメ「からくりサーカス」 制作は「うしおととら」のstudio VOLN

TVアニメ「からくりサーカス」 制作は「うしおととら」のstudio VOLN

 2018年3月14日発売の週刊少年サンデーにてアニメ化決定が発表されていた、藤田和日郎の大ヒット漫画「からくりサーカス」が、ティザーPVと最新ビジュアルを公開した。解禁された、最新ビジュアルは藤田氏描き下ろしイラストを使用したティザービジュアルの第2弾となる。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 「からくりサーカス」は小学館・週刊少年サンデーで1997年から2006年にかけ連載された作品。莫大な遺産を相続して親族から狙われた少年・才賀勝(さいが まさる)を守るために戦う拳法家の青年・加藤鳴海(かとう なるみ)と⼈形遣いの女性・しろがねの辿る数奇な運命を描いた舞台劇。累計発行部数は1500万部を誇り、壮大かつ熱いストーリーと迫力あるアクションシーンの描写から、数ある藤田作品の中でも傑作との呼び声が高い。

 本作は、企画プロダクション「ツインエンジン」が製作を行う作品。ツインエンジンはフジテレビのアニメ枠「ノイタミナ」の編集長だった山本幸治が、2014年に立ち上げた企画プロダクション。2018年1月の「刻刻」がツインエンジン一社製作によるアニメとして注目を集めたばかりだ。
 また、今発表ではアニメーション制作を同じく藤田作品「うしおととら」のテレビアニメ制作を手がけた、studio VOLNが担当することも発表されている。

 放送局などの情報については今後随時発表されていくが、Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信されることが決定している。

【基本情報】
原作:藤田和日郎「からくりサーカス」(小学館 少年サンデーコミックス刊)
制作:studio VOLN
製作:ツインエンジン
公式サイト:https://karakuri-anime.com
公式 Twitter:https://twitter.com/karakuri_anime

画像提供・ツインエンジン

関連記事リンク(外部サイト)

もっこり男が帰ってくる!「シティーハンター」新作劇場アニメが2019年初春公開決定!
「中間管理録トネガワ」TVアニメ、利根川幸雄の声優は森川智之さんに決定!
セーラーちびムーンのコンパクトを1/1スケールで再現 プレミアムバンダイに登場

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy