体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

古道具とDIYで和室をオシャレに! 2児のママに聞いた昭和レトロな和室インテリアの楽しみ方

せっかくの和室。インテリアをどうしたらいい?

「自分の部屋が和室だけれど、どんなインテリアにしたらいいかわからない」という悩みを持つ人もいるのでは? とりあえず適当に家具を置いたり、使い道がわからなくて荷物置き場にしてしまっていたり、なんてケースもしばしば。

オシャレな和室インテリアのヒントが知りたい!ということで、今回は和室を昭和レトロな空間にコーディネートしている鶴田彩香さんのお部屋を訪問。和室がある部屋を選んだ理由と、和のインテリアを楽しむコツを教えてもらった。
昭和レトロをテーマとした鶴田さん宅の和室。畳の縁と椅子のグリーンがマッチ|古道具とDIYで和室をオシャレに! 2児のママに聞いた昭和レトロな和室インテリアの楽しみ方

昭和レトロをテーマとした鶴田さん宅の和室。畳の縁と椅子のグリーンがマッチプロフィール

名前:鶴田彩香さん
職業:主婦
居住形態:4人ルームデータ

所在地:東京都練馬区
家賃:17万円
間取り:3LDK(75㎡)
築年数:30年
建物:鉄筋コンクリート和カフェにあこがれて和室のある物件を選んだものの……

3LDKの賃貸マンションで家族4人で暮らす鶴田さん。「子どもたちの成長やライフステージに合わせて、その時々に最適な部屋に住みたい」という考えから、賃貸マンション暮らしを選択。現在のマンションを探した時は、「和室があること」がマスト条件の1つだったそう。6年ほど住んでいる現在の物件には和室が2部屋ある。

「子どもの頃からずっと和室に馴染みがあったのと、畳のあるカフェが昔から好きだったので、自宅にも和室がほしいなと思っていたんです」

2つある和室のうち1室は、旦那さんの寝室兼書斎として活用。引っ越してきたばかりの時はモノも少なく、インテリアを工夫することもなかったという。

しかし、2年前に旦那さんの単身赴任によって空き部屋になったことで「空間がもったいない……」と思い、インテリアをチェンジすることを決意したのだそう。
ふすまに貼った黄色の壁紙でレトロ感を演出。DIYに使用している壁紙の多くは、壁紙の通販サイト「壁紙屋本舗」で購入したという|古道具とDIYで和室をオシャレに! 2児のママに聞いた昭和レトロな和室インテリアの楽しみ方

ふすまに貼った黄色の壁紙でレトロ感を演出。DIYに使用している壁紙の多くは、壁紙の通販サイト「壁紙屋本舗」で購入したという昭和レトロな和室空間を作るポイント

和室のインテリアに着手するにあたり、鶴田さんはまず「昭和レトロ」というテーマを決めた。

「和室の良さをとことん活かそうと思いました。家具は基本的に木の温もりを感じる古いアイテムをセレクト。全体的に茶系で統一しました。特に気に入ってるのは、古道具屋さんで探した和だんすです。ほかにも、文字が書かれている昔ながらのポスターや木箱、“昭和のお家”にありそうな湯飲みセットや升、カゴ、欄干などをディスプレイしました」

また、和室ならではのふすまには、空間のアクセントとして黄色の花柄のビンテージ壁紙を貼ってレトロな雰囲気に。

「ふすまは面積が大きいので、自分の好きな柄の壁紙を貼るだけで部屋の印象ががらりと変わります。賃貸でも、ふすまは好きに張り替えていいという物件もあるので、契約時に確認してみるといいと思います。また、どうしてもモダンな雰囲気が出てしまうパソコンデスクの椅子は、畳の縁のグリーンと色を合わせることで統一感を出しました」
和だんすには、レトロな缶や湯飲みなどの昭和アイテムをディスプレイ。あまり見せたくない生活用品も、缶に入れてしまえばオシャレに目隠しできる|古道具とDIYで和室をオシャレに! 2児のママに聞いた昭和レトロな和室インテリアの楽しみ方

和だんすにはレトロな缶や湯飲みなどの昭和アイテムをディスプレイ。あまり見せたくない生活用品も、缶に入れてしまえばオシャレに目隠しできる
収納箱はレトロな木箱を活用。「あえて文字入りのアイテムを選んでいます」と鶴田さん|古道具とDIYで和室をオシャレに! 2児のママに聞いた昭和レトロな和室インテリアの楽しみ方

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。