体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーヒー好きは人必見! 焙煎マシーン「Power Roaster」はミキサーサイズ

毎日コーヒーを淹れる習慣のある人なら、おそらくコーヒー豆にもこだわっているだろう。しかし、どうせなら買ってくる豆ではなく、自分で焙煎してみたい?

そう思っているコーヒー好きはぜひとも、このほどクラウドファンディングサイトKickstarterに登場した「Power Roaster」をチェックしてみてほしい。ジューサーほどのサイズで場所を取らず、しかもわずか6分で焙煎ができるというマシーンだ。

・邪魔にならないサイズ

コーヒー豆は豆の種類に加え、焙煎の仕方で香りや苦味、甘み、酸味などが異なってくる。それを自分で調整できるのが自家焙煎のメリットだ。

コーヒー専門店に行くと、大きな焙煎マシーンが据えられているが、Power Roasterはキッチンカウンターに置いていても邪魔にならないサイズ。

1回に焙煎できるのは120グラムと少量だが、家庭で飲む分には十分だろう。しかも焙煎にかかる時間はわずか6分なので、必要に応じて焙煎することでフレッシュなコーヒーを楽しめるわけだ。

・シンプル操作、メンテ不要

使い方はとてもシンプル。豆を計量してマシーンに入れ、電源をオンにするだけ。あとは全てマシーンにお任せだ。深煎りタイプが好きな人なら追加で焙煎するのもありだろう。開発元によると、使用後のマシーンのメンテは不要とのこと。

Power Roasterは現在、Kickstarterで340シンガポールドル(約2万7000円)となっている。これにはアラビカ生豆1キログラムと、日本への送料も含まれている。

コーヒー豆は生豆だと劣化・酸化しにくく、自家焙煎することで最も美味しくコーヒーを飲むことができる。至福の一杯を飲みたい人はチェックしてみてはいかが。出資は4月23日まで受け付ける。

Power Roaster/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。