体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?

タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?
私たちにとって身近な場所やモノには、意外と知られていない歴史が潜んでいるかもしれません。

この連載では、歴史学者の三石晃生教授と「知らなくても困らないけれど、知っていると世界が楽しくなるかもしれない」をコンセプトに世界のあちこちを調査していきます。三石教授は、TEDxTokyo yzにも登壇された、世界初の歴史コンサルタント会社(株)goscobe代表取締役でもあります。

三石先生がタイに講演に行かれるということなので、タイに押しかけてみました編

村越:講演、明後日ですよね!せっかくだから色んなお寺行きましょうよ!


三石:タイの寺に行く前に質問。タイの宗教ってなんだと思うー?



村越:仏教ですよね。大乗仏教じゃなくて上座部、テーラワーダです。これでも高校時代は世界史模試8位でしたからね。ふふふ。

三石:正解だけど、そんな単純じゃないんだよね。

村越:なに・・・でも仏教国ですよね!今日、電車の切符を買おうと並んでいたらお坊さんに横入りされたんですよ。でもみんな、怒るどころか合掌して微笑んでて満足げなんですよ。お坊さんもあんた横入りするなよ、ダメだろと。

三石:ううん、タイでは当たり前だよ。お坊さんがバスや電車に乗ったらいい席は全部譲らなきゃいけないの。

村越:え!なんで!?みんな怒ったりしないんですか!?


三石:理由の1つには、「タンブン」って考え方があるんだ。


タイを知るキーワード「タンブン」

三石:徳を積むのがタンブンなの。タンは動詞のdoみたいなもので、「行う」とか「する」という意味。ブンはパーリー語のプンニャ(puñña)が語源。プンニャの意味は善、特に宗教的な善い行いで、功徳とかって訳すのが適当かな。

村越:なんで徳を積むんですか?


三石:ブンを積むとね、将来かあるいは来世に幸福が得られるから。来世はキレイに生まれたい、来世はお金持ちに、来世はモテたい!現世は無理でも来世ではやったるでや!と。ちなみに僧侶やサンガ(仏教教団)へのお食事のプレゼントなんかはかなりブンのポイントが高いよ。フラれたとか、就職できない、とか。あと親が入院したとか最近寝つきが悪いとか、っていうので運下がってると感じたら、それはタンブンで運を上げるタイミング。お寺に行ってブンを積めば、サバーイ(楽)になる。サバーイ。

村越:寝つきの悪さも入るんですね。

三石:スーパーや屋台に行くと、「タンブンセット(タイ語ではサンカターン)」っていうお米・おかず・飲み物の3点セットが入ったのが売ってるほど日常的なんだ。
村越:まさかー。じゃあ、そこのスーパー行ってもいいですか?

三石:(店員さんに)サワディーカーップ。サンタカーン ユーティナイ。○△□#。


村越:なんか黄色とオレンジばっかりの棚に連れて来られましたけど(スルーしたけど、タイ語話せるのか)。

三石:これがサンカターン、タンブンセット売り場です!

タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?
村越:本当にあった!黄色のバケツに入ってますね。

タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?
タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?
49バーツから1,085バーツまで幅広い

村越:これ、何入ってるのかな。この小さいの買ってみましょう!

タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?
タイ人が開運したいときスーパーで買うこの食料セット、何だか知ってますか?

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy