体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

よだれは垂らさない息子だけど、食事のたびにスタイは必需品だと痛感

f:id:akasuguope01:20171219202022j:plain

私は現在2歳の息子を育てています。

息子は生まれてすぐの頃はスタイをつける習慣がありませんでした。ミルクも垂らすことなく上手に飲め、よだれも出なかったので、スタイをつける必要がなかったのです。

しかし、離乳食を始めた生後5ヶ月頃から、私と息子にとってスタイは必需品になりました。離乳食を始めた息子は、初めての食べ物(最初は食べ物というより重湯でしたが)に驚いてなかなか飲み込んでくれず、口からだらーっと流れ出すばかり。当然、息子の服はご飯まみれになり、毎回着替えをしていました。

私は、こんなのが毎日毎食になったらたまったもんじゃないと思い、まずは食事用エプロンというものを100円ショップにて購入したのです。 関連記事:スタイはいつから使う?離乳食開始直前と歯の生え始めによだれの量が増えてきた!

これは布ではなくて、ガサガサ、ゴワゴワしたビニールのようなものでできた防水のものでした。

これで完璧! と思い試してみると、息子は初めてのスタイを不思議がり、首に何か付いていると思ってしまうのかすぐに引っ張って外してしまうのです。何回チャレンジしてもその繰り返し……。

ガサガサ、ゴワゴワ感が気になるのかなと思った私は、長男のときにつかって押入れの中にしまいこんでいた布製の可愛いスタイを取り出し試してみることにしました。

すると、食事用エプロンよりは気にならないのか、黙ってつけていてくれたのです。スタイは、ご飯まみれになってしまうけれど、息子の服は綺麗。布のスタイなので洗濯の手間はありますが、食事後すぐに洗えば汚れもこびりつかず落ちるので、私はささっと手洗いし洗濯機にポイっと投げ込んでいました。このようにスタイを食事の際に使うようになったのです。

そして息子が成長するにあたって、スタイはますます必要になりました。生後5ヶ月から6ヶ月頃になると、水分補給をする時にスパウトやストローマグで飲むようになってきます。すると、最初はうまく飲めなくてダラダラこぼす、慣れてくると遊び飲みが始まり、噴水のようにブーっとわざと吐き出す……そこら中がびしょびしょです。家の中だったらまだいいのですが、お出かけ中に吐き出されると泣きたくなります。

そこで、日中もスタイをすることにしました。もちろん布なので、水は染み込み濡れてしまいますが、着替え一式を持つよりスタイを何枚も持つ方が荷物がかさばらず、パパッと付け替えることができるのでとても便利でした。

スタイはよだれを受け止めるためにある、とばかり思っていたのに、生後5ヶ月から使うことになるとは思っていませんでした。長男のものを大事に取っといて良かったなと思いました。 関連記事:よだれの多い赤ちゃんのために厚めのスタイが欲しい。手作りに挑戦してみた!

f:id:akasuguope01:20171219202143j:plain

著者:二児Mama

年齢:24歳

子どもの年齢:3歳、2歳

私、旦那、息子2人の4人家族。育児休暇後職場復帰し、共働きの為、息子たちは保育園へ通園中。育児・家事・仕事に奮闘する毎日です。年子のやんちゃな息子達の子育ての大変さや楽しさ、核家族、共働きならではの家族の協力さなど一緒に共感できれば嬉しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

たくさんある赤ちゃんの写真と動画。失敗から学んだ画像保存で大切なことは?
1枚20円×1ヶ月分、1年分…。コストを伝えて夫を巻き込んだ“布おむつ”育児 by ぴよととなつき
今にも歩き出しそうな赤ちゃんに靴を! 念願のファーストシューズを購入

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。