体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「コップのフチ子」はなぜ売れた? 発売元・キタンクラブが明かす、驚きの企画会議

「コップのフチ子」はなぜ売れた? 発売元・キタンクラブが明かす、驚きの企画会議
J-WAVEで放送中の番組「RADIO DONUTS」(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「TOKYO GAS LIFE IS A GIFT」。3月17日(土)のオンエアでは、「コップのフチ子」など、カプセルトイ界で大ヒット商品を生み出し続ける会社「キタンクラブ」の広報・しきせいたさんが、ヒット作品連発の裏側を語りました。

■商品化を決める会議は「一発ギャグ」感覚で

「ガチャガチャ」と呼ばれるカプセルトイのみに特化した、日本唯一のメーカーであるキタンクラブ。会社は12年目で、社員は10名前後の小規模な会社です。

カプセルトイは他のメーカーをあわせて月に150アイテム発売されますが、そのうちキタンクラブのアイテムは月5アイテムほど。「厳選したヘンなモノ」をリリースしています。どんなプロセスを経て商品化されるのでしょうか。企画会議の様子を語ってくれました。

しき:本当に会議が嫌いな会社なので、企画会議は月1回。ペライチのイラストに企画を描いて、瞬時にみんなが判断できるようにマルとバツの札を持って、パッと上げるんです。みんながマルだったら採用。芸人さんが一発ギャグを出している感覚に近いかもしれません。ガチャガチャって、街に置かれているものなので、パッと見て買うか買わないかを決めるお客さんと同じ気持ちで、僕らも出された企画の良し悪しをすぐに判断しようと。全員がマルを出さないと商品化しないので、もし売れなくても全員の責任なんです。「時代を先取りしすぎたね」と。

■「コップのフチ子」誕生秘話

「コップのフチ子」は2012年の発売以降、シリーズ累計1500種類、2000万個以上を売上げるヒット商品です。日々企画を出し続けるなかで、「コップのフチ子」はなぜヒットしたのか? 誕生秘話を伺いました。

しき:最初は全く売れると思っていませんでした。好きな方がこそっと遊んでくれて、誰かが「NAVERまとめ」にしてくれれば御の字かなと。企画の発端は、「女性がSNSに載せるランチがつまらない」という話をよくしていて。そういった投稿に何か添える商品があると面白いのでは、と思ったんです。カフェとか、会話をする場所にはコップは必ずあるので、思いつきました。コップのフチにモノを置くのって無意味な行為だから、“はざま”にうまく乗れたというか。Facebookの流行りと発売が同時期だったので、SNSで発信するという流れで広まったのもラッキーだったという感じですね。

発売5周年を記念して、現在「あなただけのフチ子展」を全国で巡回中です。きしさんは今後について「これからはものづくりが難しくなる時代。中国の物価もあがり、工場も高くなるので、どれだけこだわっていいものを作れるか」と語りました。消費される商品であるカプセルトイでも、愛のあるものづくりをするために、「ゴミは作るな」をモットーに、量産する際にチェックを厳しく行っているそうです。

最近のキタンクラブのヒット商品は、2015年から販売している猫のかぶりものシリーズ。「フチ子」を上回る売れ行きとなっており、累計400万個を記録しています。キタンクラブから今後どんなアイテムが出てくるか、楽しみですね。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RADIO DONUTS」
放送日時:土曜 8時−12時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。