体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「パラキャリ女子」が当たり前になる?アラサー女子座談会で見えたこと

「パラキャリ女子」が当たり前になる?アラサー女子座談会で見えたこと

今まさに国会で話し合われている「働き方改革」。数年前から「副業」の意味合いが変わってきており、「単なる収入の足し」という内職的な位置づけから、「複数の仕事を持つ=パラレルキャリア」という新しい目的や認識を持った言葉として浸透しつつあります。今回は本業の傍ら何らかの収入を得ている3人の「アラサー・パラレルキャリア(パラキャリ)女子」の座談会を実施し、リアルなパラキャリ事情を語っていただきました。

【参加者紹介(全員仮名)】

前沢 香さん(29歳)

大手シンクタンク(正社員)勤続5年・育休中。夫と5ヵ月の息子の3人家族。副業は、中小企業の助成金や起業・スタートアップ戦略のコンサルタント、ネット物販。

小林 美穂さん(32歳)

小売業(パート)勤続7カ月。都内で独り暮らし。副業はアート作品のネット販売や、登録制のライティングなど。

田所 絵里さん(32歳)

夫の転勤のため、正社員として9年勤めた国際流通業の会社を退職。在職中から副業で輸入品のネット販売を始める。夫と2歳の娘の3人家族で現在妊娠中。

「自分の名前で仕事がしたい」「将来につながる仕事がしたい」…――副業のきっかけは三者三様

――皆さんはどんなきっかけから、副業を始められたのですか。

前沢さん:若い頃から、お金を稼ぐということがすごく価値を生み出していると思っていて、「お金を生み出す社会人」というものに対しての憧れがもともとすごくあったんです。だからか入社1年目に「このまま何もしなかったら、ずっと会社に居続けて終わるかも……」と思ったら、ちょっと切なくなっていました。学生時代から起業したいという気持ちもあったので、「会社の名前ではなく自分の名前で仕事を取りたい、そのためには『自分はこれができます』というものをつくらねば!」と決意し、入社2年目にコンサルの副業を始めました。私、なんだかこう……生き急ぎたいんですよね(笑)。

小林さん:以前は花屋で働いていましたが、拘束時間が長い割に給料は安く、今後続けるのは難しいと感じていました。そんな忙しい毎日の中、趣味で描いていた絵を人に見てもらいたくて友人に無料で配っていたのですが、そのうち何となくもったいなくなってきて(笑)、絵を売るサイトに登録して売り始めました。知り合いから注文を受けて描くこともあります。あとは通勤時間の暇つぶし(笑)に、登録制サイトでアンケートに答えたり、短文を作成したりしています。

小林さんの作品

▲小林さんの作品の一部。専用のサイトでは原画を取引しています。子どもやペットの名前をモチーフにしてほしいという依頼を受けて描くこともあります。

田所さん:在職中に育休を取得したのですが、予想外に子どもがとてもよく寝て手のかからないタイプで、自分の時間ができました。家にいるのも退屈だし、子どもが6ヵ月の時に「将来につながる仕事をやりたい」と思い、ネットで仕事を検索して輸入品のネット販売をみつけたのがきっかけです。アメリカの大手流通業者などから、日本で売れていて安い商品を仕入れて、現地の倉庫経由で自宅に送ってもらい、ラベルを貼って国内のネット販売サイトの倉庫に送るという作業です。本業で輸入業務をしていたのでハードルの高さは感じませんでした。

――皆さん本業でやられているお仕事の経験を生かしたり、趣味を生かしたりして、自分のやり方や好きなものをより追求した副業をなさっているのですね。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。