体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Eins:Vier、思い出の地である目黒鹿鳴館よりラストツアーがスタート

1999年の解散以降、何度か復活ステージを行なったこともあるEins:Vierだったが、2018年、本当の最後となるツアーをスタートさせた。それが3月17、18日に目黒鹿鳴館から始まった『Eins:Vier Tour 2018“Searching For You”』。メンバーは約1年前、このツアーを計画。それにあたり、セルフカバーベストもレコーディングしている。インディーズ時代も含め、約10年間に生み出した楽曲の中から当時のライブでのキラーチューンを軸に選曲、再レコーディングしたのが3月14日にリリースされた『Searching Red Light』だ。
3月18日@目黒鹿鳴館 (okmusic UP's)

3月18日、目黒鹿鳴館2デイズの2日目にあたるライブは、そのセルフカバーベストにも収録されている「Not Saved Yet」からスタート。最後のツアーというと、やはり寂しさが付きまとうもの。しかしフロアから起こる温かい拍手には、感謝の思いが十分に込められ、それを浴びるHirofumi(Vo)、Yoshitsugu(Gu)、Luna(Ba)の3人もまた、感謝の気持ちで一音ずつ、一言ずつを丁寧に紡ぐ。客席を埋め尽くすファンはもちろん、ステージのメンバーからも自然に優しい笑顔がこぼれていった。

“Searching For You! 会いたかったです。思いっきり心、全開で楽しみましょう”ーーHirofumi

その言葉に、共に歌いながらEins:Vierを楽しむファン。新曲はないから、すでに気持ちにも身体にも浸透している曲ばかり。ファンにとって、それぞれの曲と並走するあの日あの時の思い出だって蘇ってくるだろう。しかし懐かしさに浸ってばかりもいられない。なにしろ、Eins:Vier解散以降もミュージシャンとしてキャリアを重ねているメンバーだからこそ、説得力あるプレイが放たれ続ける。また、一度、Eins:Vierから離れて客観的な視点も働いたからこそ生まれる新たなアレンジも、自然に散りばめられている。そして、これが最後のツアーとメンバー自身が決めたから、曲それぞれに向けた愛情も並大抵のものではない。それらが絡み合いながらライブは熱気を帯びていく。

“俺ら東京で初めてライブやったのもここ鹿鳴館。それから何度もやったり、大雪でお客さんが誰もおらんかったライブもあったり、ここではいろんなことがあった。そこから何十年経って、また鹿鳴館で2デイズやるって凄いことやな。ほんま、感謝しかない。鹿鳴館、ありがとう。そしてライブは残り11本。1曲1曲、一瞬一瞬を噛み締めながら、最後、O-WESTでどんな気持ちになるのか分からないけど、見届けに来てください”ーーLuna

約2時間に及んだこのライブで、セルフカバーベスト『Seaching Red Light』に収録されている全10曲はもちろん、バンドの歴史を彩ってきたナンバーの数々を披露。ツアー各地では、この日にプレイされなかった曲も用意されているようだ。また2デイズの会場では、各日で異なるセットリストになるという。ツアーは5月12日まで続く他、バンドの盟友でもあるGargoyleと共同主催によるライブ『ZERO CRASH』(オープニング・アクト=Valentine D.C.)を4月29日(日)に下北沢GARDENで行なうことも決定している。またライブ会場では、ライブDVD付き『Searching Red Light』の限定盤、メンバーの対談なども掲載したツアー・パンフレットなども発売中。

Text by 長谷川 行信

Photo by 柴田 恵理
【セットリスト】

01.Not Saved Yet

02.碧い涙

03.For love that is not love

04.The solitude song

05.花の声

06.メロディー

07.街の灯

08.Passion

09.Nursery Tale

10.Words for Mary

11.Notice

12.Bravo

13.The Prayer

14.Lesson

15.in the Void Space

16.Dear Song

En01.I Feel that she will come

En02.In your dream
【ライブ情報】
『Eins:Vier Tour 2018“Serching For You”』

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。