体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【衝撃】取材拒否の店「ラーメン二郎三田本店」は激しく優しい店 / 目黒店はネットで話題になるほど怖い店

ramen-jiro-mita-honten5

行列が出来るラーメン店といえばラーメン二郎だ。この店の特徴は、強烈なデカ盛りと安さ、そして頭が狂いそうになるほどの豚のウマさだ。店舗ごとに麺の質が違い、その違いを楽しむことも醍醐味のひとつ。一度食べたらヤミツキになる、世界に誇るラーメン屋といえるだろう。

・取材拒否の店!?
インターネット上では「ラーメン二郎は怖い店」と言われているが、決してそんなことはない。取材拒否の店としても知られている「ラーメン二郎 三田本店」は、初心者向けの優しい店なのをご存知だろうか。食べるのが遅くても怒られないし、残しても怒られない(残す行為が良いか悪いかは別として)。

ramen-jiro-mita-honten11
ramen-jiro-mita-honten8

・残しても大丈夫ですよ~
「実はラーメン二郎三田店は二郎屈指の仏店なんですよ。我々ジロガーの間では、好き勝手したかったら三田に行けって言うぐらい仏で有名です」と、プロのラーメン二郎ブロガーのNさんは言う。仏店とは、仏様のように優しい店という意味だ。食べるのが遅くても「残しても大丈夫ですよ~」と優しく声をかけるだけで追い出しはせず、食べきれないほどの大盛りを頼んだ挙句残したとしても、優しい顔で迎えてくれるのだそうだ。

・動画も写真も怒られることはない
プロのラーメン二郎ブロガーのNさんによると「そもそも取材拒否というのも厳密には間違い。総帥(店主)のインタビューを拒否られるだけで、動画も写真もまず怒られることはないんですよ」とのこと。ラーメン二郎の店舗は数あれど、ドローンで空撮したように撮影する「ドロ写」をしても追い出されないのは三田本店くらいなのだとか。

ramen-jiro-mita-honten6
ramen-jiro-mita-honten2

・接客態度が悪いラーメン二郎の情報
一方、ラーメンファンから恐れられているのはラーメン二郎目黒店。インターネット上には接客態度が悪いラーメン二郎の情報が無数に書き込みされているが、その多くが、目黒店と相模大野店だという。プロのラーメン二郎ブロガーのNさんは以下のように語る。

・怒られるのは客側が悪い
「二郎コピペって知ってますか? ラーメン二郎で不快な接客をされた客が書き込みしたエピソードがコピーされて、あらゆるサイトに転載されているんですが、それを二郎コピペというんです。その不快な接客エピソードのほとんどが目黒店か相模大野店なんですよ。あっ! ちなみに相模大野店は店主がコミュ障なだけで、怒られるのは客側が悪いです。そもそも、店主が客を強制的に追い出したり絶対しませんしね」

ramen-jiro-meguro
1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。