体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
日本人にも人気の旅行先、北欧のフィンランド。その中でもヘルシンキに行かれる方が多いのではないでしょうか? でも、少しだけ足を伸ばしてフィンランドの他の街に出かけてみませんか?

今回は、ヘルシンキから電車で1時間半で到着する街、タンペレの1泊2日の楽しみ方を紹介します。ムーミン美術館から、古い展望台からの絶景までオススメがいっぱいなんですよ。

湖水地方の都市「タンペレ」とは?

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
タンペレは、フィンランドの湖水地方にある主要都市です。街のまわりには湖が囲んでいます。タンペレに暮らす人々は、夏には湖のまわりに点在したコテージで過ごすことが多いとか。

そして、昔からある産業遺産をうまく生かした街づくりをしており、日本でも人気のテキスタイルメーカー「Finlayson(フィンレイソン)」の工場跡地を利用した施設には、カフェ、ショップ、ギャラリー、映画館などが完備され、街のシンボルになっています。

旅行1日目

旅行1日目は、ヘルシンキから電車に約1時間半ほど揺られて昼前に到着したところからスタートです。まずは駅から最初の目的地に。

アミューズメントパークで楽しむ!

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
まずは、車に乗って少し離れた場所にある「Särkänniemi Adventure Park
」というアミューズメントパークに向かいます。ここはタンペレに暮らす子供達が休日になると集う場所なのだとか。7つのアトラクションがある広い施設ですが、今回はこの中でクッキー作りに挑戦しました。

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
こんな可愛らしい部屋でクッキー作りに挑戦します。まるで絵本から出てきたみたいな雰囲気です。

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
用意された材料を混ぜてこねて伸ばしていきます。なんだかこういう作業はドキドキしますね。今回は季節柄冬に食べられるシナモンやグローブなどのスパイスがたくさん入ったクッキーです。ヨーロッパではよく食べられるのだとか。

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
好きな型でくり抜いていきます。こういう作業を子供達と一緒に行うワークショップを定期的に行っているそうですが、予約をすれば外国人でも可能だそう。異国でクッキー作りも楽しいですよ。

ヘルシンキから電車で1時間半!タンペレで楽しむ1泊2日のショートトリップ
最後はこんがり焼いてもらって出来上がり!出来上がったクッキーは日持ちがするものなので、日本に持ち帰ってから食べても、美味しくいただけますよ。

タンペレの絶景を見ながらランチ

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。