体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

被写体が立体で浮かび上がる!視覚障がい者のためのカメラ「2C3D」に注目

無数のピンによって表現される、リアルな人の顔。ピンアートからインスピレーションを得て生まれた「2C3D」は、視覚障がい者のための物体認識カメラだ。

・画像を3Dショットに変換

このデバイスは、ビジュアルデータを触覚データに変換する。スクリーンは、無数の3Dピクセルによって構築され、撮影した画像に応じて、表面に3Dショットを形成する仕組みだ。使い方もシンプルで、被写体に向かってレンズを向けるだけ。捉えたショットは即、画面に反映される。

視覚に障害のあるユーザーにとって最もうれしいのは、撮影中、画面に触れられることだろう。カメラが何を見ているのかを、リアルタイムで感じられるからだ。撮影した画像は、3Dデータとして保存可能。“指先で眺めるアルバム”として、いつでも好きなときに楽しめる。視覚障がい者のみならず、3D画像に興味のある健常者も、大いに活用できそうだ。

・2018年度アジアデザイン賞受賞

考案者は、イスラエル出身の工業デザイナーOren Geva氏。Shenkar工科大学のデザイン部門で学び、これまでに数多くの産業デザインに携わってきた。

本品はプロジェクトレベルのものだが、その発想と斬新なビジュアルが高く評価され、本年度のアジアデザイン賞にも輝いている。あくまでアイディア段階なので、製品化は未定。革新的なプロダクトなので、早期開発を願いたい。

2C3D

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。