体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

70年以上門外不出、ベトナムで愛されるエッグコーヒーの店が日本に初上陸!「CAFE GIANG」横浜にオープン

2号店が日本に初上陸!ベトナム・ハノイで昔から愛されるエッグコーヒーの店『CAFE GIANG』が横浜にオープン

「エッグコーヒー」発祥の店『CAFE GIANG』とはどんなお店?

2号店が日本に初上陸!ベトナム・ハノイで昔から愛されるエッグコーヒーの店『CAFE GIANG』が横浜にオープン
ベトナム・ハノイの旧市街にあるたくさんのカフェの中でも古い、エッグコーヒー発祥の店。それが『CAFE GIANG』です。

かつて牛乳が手に入りにくかった1946年、現在のオーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテル「ソフィテル・レジェント・メトロポール」のバーテンダーであったグエン・ザン氏(Nguyen Giang)が、牛乳の代わりに鶏卵の黄身部分を泡立てたものを使用することを思いつき、エッグコーヒーが誕生しました。

グエン・ザン氏のエッグコーヒーは多くの人を魅了。当時から様々なオファーを受けましたが、すべて断り、唯一現在のオーナーであるグエン・トリホアン氏(Nguyen Tri Hoa)にエッグコーヒーを受け継ぎ、現在に至ります。

昔から変わらない味を提供し続ける『CAFE GIANG』は、72年間地元の人たちに愛され続けているコーヒーショップなのです。様々なオファーを断り続けた『CAFE GIANG』が、この度日本に初上陸します。

70年にわたり暖簾分けを断り続けた『CAFE GIANG』がなぜ日本に?

2号店が日本に初上陸!ベトナム・ハノイで昔から愛されるエッグコーヒーの店『CAFE GIANG』が横浜にオープン
『CAFE GIANG』のエッグコーヒーを飲み、虜になったCAFE GIANG JAPANの代表が、どうにかしてこの味を日本に届けたいと熱望し、幾度となく『CAFE GIANG』に通い詰めたのだとか。

その結果、現オーナーのグエン・トリホアン氏と心を通わせ、今まで一切外部に出ることがなかった家業の手法を、はじめての外部継承者として、また、現オーナーに続く二人目の弟子として受け継ぐことができたそう。

ベトナム・ハノイでオープンして以来、72年間暖簾分けすることがなかった『CAFE GIANG』が初めて日本で展開することになりました。

エッグコーヒーってどんなコーヒー?

2号店が日本に初上陸!ベトナム・ハノイで昔から愛されるエッグコーヒーの店『CAFE GIANG』が横浜にオープン
ベトナムコーヒーに泡立てた卵黄を入れたもの。卵とコンデンスミルクでカスタードクリーム状に泡立てたものをコーヒー上にのせ、よく混ぜてからいただきます。

クリームは濃厚でなめらかなので、まるでカスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚だとか。甘みと苦みのバランスが良いそう。現地でもエッグコーヒーと同じ意味のCà phê trúng(カフェ・チュン)と呼ばれ親しまれているコーヒーです。

ベトナム・ハノイでずっと永く愛され続けてきたエッグコーヒー。いよいよ日本に上陸。その味を早く味わってみたいですね。

『CAFE GIANG』 カフェ、軽食
所在地  : 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町78-3
店舗面積 : 約67㎡
席 数  : 66席
営業時間 : 10:00-23:00
定休日  : 年中無休
※席数、営業時間、定休日は変更になる場合があります。

[PR TIMES]

70年以上門外不出、ベトナムで愛されるエッグコーヒーの店が日本に初上陸!「CAFE GIANG」横浜にオープン
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。