体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】斉藤和義『Toys Blood MUSIC』が2万枚目前でアルバム・セールス首位獲得

【ビルボード】斉藤和義『Toys Blood MUSIC』が2万枚目前でアルバム・セールス首位獲得

 斉藤和義の通算19枚目となるオリジナルアルバム『Toys Blood MUSIC』が初動3日間で12,998枚、そこから約6,000枚伸ばして初週累計で19,158枚となり、週間アルバム・セールス・チャートで首位を獲得した。BUCK-TICK『No.0』は、初動3日間の10,795枚から週の後半にかけて約8,000枚のセールスを積み上げて同2位となった。先ヨミ時点で、12,692枚を売り上げ『Toys Blood MUSIC』と300枚差の拮抗した首位争いを見せていたスキマスイッチは、週の後半にかけて約3,500枚を伸ばしたものの1位、2位の勢いには一歩及ばず3位にとどまった。

 4位には週後半にかけて売り上げを伸ばし週間売上13,825枚となった『グレイテスト・ショーマン オリジナル・サウンドトラック』がチャート・イン。本作はリリース以降順調に売上を積み立てており発売以来の売上累計は76,360枚を突破。また、先週同チャートで首位に立った三浦大知『BEST』も、リリース2週目で12,924枚を売り上げ発売以来の売上累計は80,740枚に達しており、2作とも好調なセールスを見せている。

◎Billboard JAPAN Top Albums Sales
(2018年3月12日~3月18日までの集計)
1位『Toys Blood MUSIC』斉藤和義 19,158枚
2位『No.0』BUCK-TICK 18,517枚
3位『新空間アルゴリズム』スキマスイッチ 16,270枚
4位『グレイテスト・ショーマン オリジナル・サウンドトラック』(オリジナル・サウンドトラック) 13,825枚
5位『BEST』三浦大知 12,924枚

関連記事リンク(外部サイト)

斉藤和義とスキマスイッチが僅か300枚差でアルバム・セールス首位争い! 週間での結果はいかに?
斉藤和義 新曲「Good Luck Baby」MVをGYAO!生配信でオンエア解禁! 藤原さくらからのメッセージも
斉藤和義、デビュー25周年イヤーアルバムワンマンライブツアーのスタート前に25周年記念ツアー開催発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。