体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

チャーリーXCX、『Pop 2』発売記念ライブでカーリー・レイ・ジェプセン/トーヴ・ローらと共演

チャーリーXCX、『Pop 2』発売記念ライブでカーリー・レイ・ジェプセン/トーヴ・ローらと共演

 2018年3月15日、チャーリーXCXが米ロサンゼルスのEl Reyで、2017年12月にリリースされた自身のミックステープ『Pop 2』のリリース記念ライブを行った。

 『Pop 2』でチャーリーは、ポップ・ジャンルの慣例を拡大して歪める彼女なりのポップ音楽を提示している。そんな彼女とステージで共演したゲストはトーヴ・ロー、カーリー・レイ・ジェプセン、ブルック・キャンディ、ビビ・ブレリー(Bibi Bourrelly)、ミッキー・ブランコ(Mykki Blanco)、ドリアン・エレクトラという、正にポップな面々。1時間程のパーティーのようなステージでは<PC Music>レーベルのA.G.クックがDJを務め、観客席の後方にはディプロ、レコード・プロデューサーのアリエル・リヒトシェイドやペンタトニックスのスコット・ホーイングの姿もあった。

 トーヴ・ローに紹介されてステージに登場したチャーリーは、まず二人がALMAと『Pop 2』でコラボした「Out of My Head」を披露、次にトーヴが自身のシングル「Disco Tits」を歌った。チャーリーはミックステープから主にアップテンポな曲を選び、度々ゲストにステージを任せながら衣装替えを繰り返して観客を楽しませた。「みんな元気?これが“Pop 2”よ!」とチャーリーが呼びかけると、大きな歓声が上がっていた。

 ゲスト・アーティストたちには白をテーマにした衣装で統一してもらい、2017年のヒット曲「Boys」を披露する際にはそろいの白い衣装に身を包んだ男性の集団を呼び込むなど、ビジュアル的にも飽きさせない演出が光るステージだった。テンションが上がったチャーリーは、ブルック・キャンディと「I Got It」を披露した際、客席にダイブしてクラウド・サーフィンを楽しんでいた。

 ライブが最も盛り上がったのがカーリー・レイ・ジェプセンが登場した時で、二人で「Backseat」を、カーリーは「カット・トゥ・ザ・フィーリング」を披露した。最後にゲストが全員登場し、Sophieとの未発表曲「Girls Night Out」を皆で歌ってポップなライブは幕を閉じた。

 チャーリーXCXはこの『Pop 2』記念ライブを3月18日にニューヨーク・ブルックリンのElsewhereでも開催している。

◎チャーリーXCXによる投稿
https://twitter.com/charli_xcx/status/974784234417045504
https://twitter.com/charli_xcx/status/975060357000527872

関連記事リンク(外部サイト)

個性的なゲスト参加のハイ・クオリティーなポップ・ソング集 / 『POP 2』チャーリーXCX(Mixtape Review)
チャーリーXCX、最新ミックテープからJ・パーク参加の新曲を公開
チャーリーXCX、「ボーイズ」MV裏側を捉えた映像を公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。