体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ロシア非常事態省向け消防飛行艇Be-200ESの4号機が初飛行

ロシア非常事態省向け消防飛行艇Be-200ESの4号機が初飛行

 現在世界唯一の量産型ジェット飛行艇となっているベリエフBe-200。2018年3月12日(現地時間)、そのロシア非常事態省向け消防機、Be-200ESの4号機が初飛行を行いました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 Be-200ES(Emargency Situation)は、ロシア非常事態省向けに設計された消防機型。ロシアでは夏季に森林・原野火災が頻発し、毎年多くの住民が命を落とし、また広範囲で家や農地が失われています。このため、広範囲を消火できる消防機が必要とされています。

 Be-200ESは着水した場所から最大12トンの水をくみ上げてタンクに貯蔵し、上空から放水する能力を持っています。ロシア非常事態省は2011年5月25日、新たにBe-200ESを8機導入する契約を結びました。ベリエフ設計局の経営不振などもあり、一時生産ペースが落ち込むなどの障害もありましたが、政府からの資金援助もあって持ち直し、2017年1月12日に初号機を引き渡しました。その後、2017年末までに3号機までの納入を終えています。

 3月12日に初飛行を実施したのは、シリアルナンバー306、登録記号RF-31380の機体。黒海の北部、ロシア連邦ロストフ州の都市タガンローグにある、ベリエフの工場に隣接する飛行場から、空へと飛び立ちました。

 この4号機は、納入前試験を実施したのちに非常事態省へと引き渡され、非常事態省のハバロフスク複合航空救難センターで運用される予定。現在ロシア非常事態省では、シベリア地域での森林・原野火災に対処するクラスノヤルスク航空救難センターでBe-200の運用が始まっています。工場では5号機の最終組み立てが行われており、続く6号機の組み立ても進行中。1〜3号機に比べて生産ペースは上がっているようです。

 消防飛行艇仕様のBe-200ESは、イギリスの航空関連企業グローバル・アビエーション・コンサルティングが、地中海地域での森林火災に使用する可能性について、ベリエフとの間で2018年1月に覚書を交わしています。グローバル・アビエーション・コンサルティングは、ヨーロッパやアメリカでのBe-200の販売やリース事業について興味を示しており、Be-200ESは海外へのセールスを目指している新明和US-2(消防機型も構想中)の強力なライバルとなりそうです。

Image:BERIEV Aircraft Company

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

サーブの小型早期警戒管制機「グローバルアイ」初飛行
オーストラリア陸軍、新しい偵察戦闘車にラインメタル「ボクサーCRV」を採用
カタール軍がNH90ヘリコプターを28機発注

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy