体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヨーロッパ産チーズの魅力を堪能! 無料試食イベントが、表参道で3月20日から開催

ヨーロッパ産チーズの魅力を堪能! 無料試食イベントが、表参道で3月20日から開催
J-WAVEの番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)のワンコーナー「MORI BUILDING TOKYO PASSPORT」。3月19日(月)のオンエアでは、ヨーロッパ産のチーズの魅力を体感できる無料イベント「LA MAISON DU FROMAGE」をピックアップしました。

Zero Base表参道で、3月20日(火)から始まるこのイベント。2016年に次いで、今年で2回目の開催となります。海外での食卓に欠かせないチーズの習慣をより多くの人に知ってもらいたいと、フランス全国酪農経済センター(Cniel)とヨーロッパ連合(EU)の共同主催で開催されます。

イベントはいったいどんな内容なのでしょうか。企画担当者にお話を伺いました。

担当者:フランス全国酪農経済センターとヨーロッパ連合が2015年より日本でヨーロッパチーズのプロモーションを行っていて、日本は大切な市場だということで、無料のイベントを開催したのがきっかけです。

今年のテーマは 「#さくらフロマージュ」。日本の文化であるお花見と、ヨーロッパ文化のチーズを融合させているそうで、日常的に日本の文化に寄り添いながらチーズを食べてもらいたいという思いがあるそうです。

会場は、1階がチーズバーで、ここで無料試食ができます。2階では飲み物とのペアリングセミナー。ビールや日本酒、ワインといったアルコールだけでなく、アルコールが苦手な人のためにコーヒーとチーズといったテーマも用意しているそうです。セミナーは1回15分程度とのこと。さらに3階では、「チーズでお花見−チーズの楽しみ方」というテーマのセミナーが開催されます。セミナーは事前登録不要で、当日12時から整理券を配布しています。

今回のイベントを楽しむためのポイントを最後にお聞きすると、「ヨーロッパ産チーズは難しい、よくわからないというイメージもあるかもしれませんが、まずはイベントに遊びに来て、いろいろなチーズを発見していただけたら」と話しました。

「LA MAISON DU FROMAGE」は3月20日(火)17時から3月26日(月)17時までの開催となっています。気になった方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy