体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おすすめお土産やタイ限定メニューも。バンコクの素敵スタバ5選

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
無料wifiが利用でき、いつでもどこでも安定したおいしさが味わえるスターバックスは、海外旅行先でも強い味方です。

タイの首都・バンコクは、東京にも負けないほどスターバックスの進出が著しい都市。スタバの店舗は日に日に増え続け、タイの伝統を取り入れた一軒家など個性的な店舗も誕生しています。

どこにでもあるスターバックスとはひと味違う、独自のデザインと居心地の良さが光る、バンコクの素敵スタバ5軒をご紹介しましょう。

スターバックス・ランスワン店

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
バンコクでわざわざ足を運びたいバンコクのスタバナンバーワンがこちら、「スターバックス・ランスワン店」。BTSチットロム駅から徒歩およそ5分。欧米の大使館や高級コンドミニアムが集まるハイソなエリアに位置する、ゆったりとした一軒家の店舗です。

緑に囲まれた真っ白な一軒家は、まさに都会のオアシス。たまたまここを通りかかったなら、スタバファンならずともつい入りたくなってしまうことでしょう。

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
店内は、タイの伝統的な手工芸とスタバらしいモダンなデザインを融合させた空間。

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
木のぬくもりを生かした壁や天井、レトロなタイル張りの床、カゴを使ったランプ、タイ北部の山岳民族の人々の写真などが、スタイリッシュな空間にあたたかみを添えています。

スターバックス・ランスワン店は、アジアでは珍しい「コミュニティストア」と呼ばれる形態のスタバ。この店舗での売上の一部がタイ北部のコミュニティに寄付され、教育や医療などに役立てられているのです。

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
ゆっくりとした時間が流れる、ナチュラルな色合いの家具が配置された店内は居心地抜群。特におすすめなのが、比較的空いている午前中。朝は7時から営業しているので、ここで朝食をとるのもいいでしょう。

タイ限定のグッズやオリジナルメニューも充実

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
スターバックス・ランスワン店では、タイのスタバでしか買えない限定グッズやオリジナルメニューも充実しています。

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
タイ北部産のコーヒー豆や、タイ限定デザインのタンブラーやマグカップ、テディベアなどのグッズは、お土産にも喜ばれそう。

タイの伝統が光る一軒家も、バンコクの素敵スタバ5選
メニューにもタイ独自のものがあります。筆者のおすすめはブリオッシュ生地にタイのカスタードクリームを詰めた「Pandan Custard Brix」。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。