体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

仕組みは「きぎょうひみつ」 11歳の妹が作った「お菓子の自動販売機」が凄い

 Twitterユーザー呀兎。さんがアップした「手作りの自動販売機」が「すごい」「器用!」と関心を集めていました。「妹がガリガリなんかやってると思ったら、手作り自動販売機作ってましたのでここに報告します。10円を10枚入れる迷惑な客です」と呀兎。さん。どうやら妹さんが制作されたものの様です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 事の発端は、11歳の妹さんに「お菓子は好きだけど、外に買いに出るのが億劫……」と話したことがきっかけだったとか。これを聞いた図画工作が得意な妹さんが、ダンボールをガリガリ切り抜いて作ったそうです。お金を入れてボタンを押すとお菓子が下の取り出し口まで落ちてくる仕組み。

仕組みは「きぎょうひみつ」 11歳の妹が作った「お菓子の自動販売機」が凄いお金を入れる
仕組みは「きぎょうひみつ」 11歳の妹が作った「お菓子の自動販売機」が凄い購入ボタンを押す
仕組みは「きぎょうひみつ」 11歳の妹が作った「お菓子の自動販売機」が凄いちゃんと商品が出てきます

 呀兎。さんから妹さんに自動販売機の仕組みについて聞いてもらったところ、あまり知られたくないのか「きぎょうひみつ!」といって断られてしまったそうです。なんとも11歳の女の子らしい発言に、頬がゆるんでしまいますが、「ただ、ボタンにあたる部分を押すと、ダンボール板に支えられていたお菓子が落ちてくる仕組みになっている」と、ちょこっとだけ内部の重要な「きぎょうひみつ」を教えてくれました。

 ちなみにこの手作り自動販売機、お金を入れなくても押すことができます。そして支払う額は「75円~100円」と張り紙にあるとおり購入者に委ねられています。 最低額は恐らく仕入れ価格でそれ以上は妹さんの利益(お小遣い)。上限100円というところが何とも可愛いところですが、これは100円入れて!ということなのかな?となると、可愛い妹のために、つい多めにいれてあげたくなるもの。「原価よりも(入れた額が)高いのでちゃっかりお金も儲けて嬉しそうでした」と呀兎。さん。妹さんは図画工作が得意なだけでなく、金銭感覚も身に付けているしっかり者のようですね。

妹がガリガリなんかやってると思ったら、手作り自動販売機作ってましたのでここに報告します。

10円を10枚入れる迷惑な客です pic.twitter.com/yA4Ze0TVDD

— 呀兎。 (@GATO___oO) March 11, 2018

<記事化協力>
呀兎。さん(@GATO___oO)

(黒田芽以)

関連記事リンク(外部サイト)

みかん大国愛媛の実力!圧倒的品揃えに「さすが、えひめ……」
晴眼者も、視覚障害者も。ニュータイプのユニバーサル点字フォント「Braille Neue」開発者に聞く
ネットの話題から生まれた「聴覚保護」マーク どこで手に入るの?

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。