体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NIGO for IQOS第2弾・THE CAMO COLLECTION登場

NIGO for IQOS第2弾・THE CAMO COLLECTION登場

 フィリップ モリス ジャパンの加熱式タバコ「IQOS」とデザイナーNIGOさんとのコラボ「NIGO for IQOS」。第1弾として、日本の伝統を意識したコレクションが2017年秋に発表されたのは記憶に新しいところですが、2018年春登場予定の第2弾コレクションが発表されました。今回はNIGOさんの代名詞とも言えるカモフラージュ柄をフィーチャーした「THE CAMO COLLECTION」です。(取材・咲村珠樹)

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 銀座で開催された「THE CAMO COLLECTION」発表会。まずはこのプロジェクトを代表するフィリップ モリス ジャパン合同会社リデュースド リスク プロダクツのタヌージャ・スリアラチCRMマネージャの挨拶と、今回の「THE CAMO COLLECTION」概要説明から始まりました。



 「THE CAMO COLLECTION」でフィーチャーされているのは、NIGOさんの代名詞となっているカモフラージュ柄。ウッドランドリーフパターンを基本としながらも、よく見るとモチーフとなっているのはタバコの葉です。また、スペシャルバージョンのIQOSデバイス「IQOS CAMO DEVICE」(税込1万9980円)は、これまでのコラボモデルのようなプリントではなく、カモフラージュ柄のファブリックを貼り付ける、手の込んだ手法を用いています。このため、同じような柄でありつつも、同じものはふたつとない「自分だけのIQOS」となっているのが特徴。また、目の細かいファブリックの手触りが、手にする喜びを強めてくれます。


 また、これと同時に「IQOSのある生活」を演出するライフスタイルコレクションアイテムも展開されます。黒と白、2色展開のTシャツ(税込4980円)は、胸にIQOSデバイスが収納できるポケット付き。コーチジャケット(税込1万6980円)は内ポケット、フライトジャケット(税込1万7980円)は左袖ポケットにIQOSデバイスがすっぽりと収まります。IQOSのセットがきれいに収まるトラベルケース(税込3980円)や、ベルトやバッグのストラップにつけられるポーチ(税込4980円)も。普段使いにもいいトートバッグ(税込6980円)は、内側にIQOSデバイスが入るポケットがついています。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。