体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

5周年を迎えた【ビクターロック祭り2018】幕張メッセで12,000人が大熱狂

5周年を迎えた【ビクターロック祭り2018】幕張メッセで12,000人が大熱狂

 株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが主催するロックフェスティバル【ビクターロック祭り2018】が、3月17日に幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催され、過去最多22アーティストが出演、観客約12,000人が集まる大熱狂のイベントとなった。

【ビクターロック祭り2018】写真(全22枚)

 【ビクターロック祭り2018】は、音楽事業で80年を超える歴史をもつ日本のレコード会社として、いつの時代もロックシーンに確かな足跡を残し続けているビクターが「ずっとロック、これからもロック」を合言葉に開催する“ロックのお祭り”で、2014年に初開催。5回目となる今年も、昨年に引き続き2ステージ制での開催となった。

 5年連続出演のDragon Ashを筆頭に、これまでにロック祭りに出演したことのある雨のパレード、サンボマスター、四星球、竹原ピストル、never young beach、レキシに加え、ORANGE RANGE、KICK THE CAN CREW、GRAPEVINE、SOIL&“PIMP”SESSIONS、ぼくのりりっくのぼうよみ、RHYMESTER、ROTTENGRAFFTY、Yogee New Wavesがロック祭り初出演。さらに、オープニングアクトに「初代 お祭りハッピーガール」の吉田凜音、ハーフタイムアクトにReolを迎え、今年で4回目となるDJダイノジの出演、そしてビクターロック祭りへの出演をかけた「ワン!チャン!!」オーディションでグランプリに輝いた「琴音」、超能力戦士ドリアン、kobore、SILYUSの4アーティストの出演など、過去最多の22アーティストの出演となった。

 また、会場内のサテライトスタジオではLINE LIVE特番がビクターエンタテインメントチャンネルで生配信され、出演アーティストが多数出演するなど、会場に駆けつけることができないファンにも会場の熱気や出演者インタビューが現地より届けられた。

◎公演情報
【ビクターロック祭り~2018~】
2018年3月17日(土)
千葉・幕張メッセ 国際展示場9,10,11ホール

関連記事リンク(外部サイト)

現役女子高生アーティスト吉田凜音【ビクターロック祭り2018】オフィシャルサポーターに
LOVE PSYCHEDELICO、竹原ピストルが【ビクターロック祭り2017大阪×MBS音祭】に出演決定
『けものフレンズ』のユニット・どうぶつビスケッツ×PPP【ビクターロック祭り2017】出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。