体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【深ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』は過去最高の初週売上! 1stシングルから6作連続右肩上がり

【深ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』は過去最高の初週売上! 1stシングルから6作連続右肩上がり

 3月19日付Billboard JAPAN週間セールス・シングル・チャート“Top Singles Sales”では、欅坂46『ガラスを割れ!』がリリース初週に893,632枚を売り上げて、デビュー作品から6作連続となる同チャート1位を獲得した。

 『ガラスを割れ!』は、欅坂46にとって6枚目となるシングル。3月19日付の総合ソングチャート“JAPAN HOT100”で首位を獲得した表題曲は、CDセールスに加えTwitterとルックアップ(PCでの読み取り回数)で1位、ダウンロードで2位、ストリーミングと動画再生回数で3位、ラジオで17位となっている。パッケージのセールス力はもちろん、ダウンロードやストリーミング、動画再生回数でも高順位をマークしていることから、楽曲単位でも高い注目を集めていることがわかる。

 2016年4月に1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビューした欅坂46は、リリースごとにシングルの初週売上枚数の最高記録を更新し続けている。6thシングルである今作は、前作『風に吹かれても』の初週売上722,954枚を初動3日間の時点で上回り、初週売上では前作に約17万枚の差をつけている。1stシングル~6thシングルまでの初週売上枚数は以下の通り。

2016/04/06 リリース
1stシングル『サイレントマジョリティー』28.4万枚

2016/08/10 リリース
2ndシングル『世界には愛しかない』37.5万枚

2016/12/05 リリース
3rdシングル『二人セゾン』50.8万枚

2016/04/07 リリース
4thシングル『不協和音』 65.3万枚

2017/10/25 リリース
5thシングル『風に吹かれても』72.2枚

2018/03/07 リリース
6thシングル『ガラスを割れ!』89.3万枚

 同週の“JAPAN HOT100”で3位の米津玄師「Lemon」、4位の星野源「ドラえもん」、5位の菅田将暉「さよならエレジー」などと同じように、ダウンロードやストリーミング、動画再生回数といったデジタル領域の指標でも高順位をマークすることができるのが、他のアイドルグループにはない欅坂46の特徴でもある。

 かといって、フィジカルとデジタルのセールスが相克することはなく、前述の通り、CDの売上枚数はリリースを追うごとに右肩上がりとなっていることから、欅坂46が米津玄師や星野源らと並んで、現代型のヒットを体現しているアーティストだといえるだろう。

 CDの初週売上枚数は、リリースごとに約10万枚ずつ伸ばしており、今作の初週売上枚数は90万枚目前となっていることから、次作の初週売上ミリオン達成に早くも注目が集まる。

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】欅坂46「ガラスを割れ!」が893,632枚を売り上げ3冠で総合首位獲得 レミオロメン「3月9日」はダウンロードとストリーミングで10位にジャンプ・アップ
【ビルボード】欅坂46『ガラスを割れ!』が893,632枚を売り上げ、大差でシングル・セールス首位獲得
欅坂46、6thシングルカップリング曲「もう森へ帰ろうか?」MV公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。