体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコラス・ケイジ、アニメ映画でついに念願のスーパーマン役を射止める!

ニコラス・ケイジ、アニメ映画でついに念願のスーパーマン役を射止める!

ニコラス・ケイジがスーパーマンのマニアであることは間違いない。自身の息子をスーパーマンの本名から「カル=エル」と名付け、(約2億2,000万円で売却してしまったが)1938年に出版されたスーパーマンの初版も所有していた。しかも、1990年代にティム・バートン監督の『Superman Lives』がお蔵入りしなければ、スーパーマン役として出演する予定だったのだ。そんな彼がついにスーパーマンを演じる日が来た(とは言っても、今回は声の出演だ)。

『USA Today』紙によると、ケイジは、TVアニメ『ティーン・タイタンズ』の映画版『Teen Titans Go! To the movies』(原題)でスーパーマンの声を担当する。その他にも、本作には数々のセレブが出演することになっており、歌手のHalsey(ホールジー)がワンダーウーマンを、ラッパーのリル・ヨッティーがグリーン・ランタンを演じる。

今回、ケイジは声でのカメオ出演となるが、それでも大したことだ。もし、彼がいい仕事をすれば、DCが何かの役で実写版に彼を起用するかもしれない。『スーパーマン』に登場するレックス・ルーサー役なんかはいかがだろうか? 『Teen Titans Go! To the movies』は7月27日に全米で上映される予定だ。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『レディ・プレイヤー1』がSXSW映画祭で大絶賛!批評家のレビューも大半は好意的
ダニー・ボイル、ジェームズ・ボンド映画次回作を監督すると明かす
『スパイダーマン』のスピンオフ作品『ナイトウォッチ』に、スパイク・リー監督が交渉中
マーゴット・ロビー、惨殺された故シャロン・テート役でタランティーノ監督新作に出演交渉中
『ブラックパンサー』、公開26日目で世界興行収入10億ドルを突破!

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。