体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沢庵と生姜がアクセントの「納豆ソース丼」

3月16日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系、午前09時50分~)では、三軒茶屋を散策した中で、「456」(東京都世田谷区)が紹介された。

同店は、東急電鉄田園都市線・三軒茶屋駅南口から徒歩3分程にあるお店。三軒茶屋に名物を作りたいという店主の思いから始めたそうで、「納豆ソースのドリア」(1,296円)や「納豆ソースの薄焼きピッツァ」(1,188円)、「納豆ソース・スパゲッティ」(1,058円)など納豆ソースを使った様々な料理を味わうことができる。納豆ソースは、鹿児島県産のブランド豚「六白黒豚」の挽き肉で旨味を出し、特製ダシ醤油と秋田県産ひき割り納豆を加え1日熟成させて作るソースだ。納豆苦手な人でも食べられるように工夫されているので、納豆が好きな人が続出しているのだか。

番組では、お店のメニューとして「納豆ソース丼」(1,080円)を紹介。ご飯の上に納豆ソースをたっぷり載せた一品だ。男性芸能人が「納豆ソース丼」を頂くと「これは美味しい!」と笑顔で一言。「ひき割りの大きさとそぼろの大きさが同じくらいですよね、だから食べやすい!臭みも少ないですね、ちょうど沢庵と生姜がいいアクセントですねこれね!納豆嫌いのお子さんも食べられるし、これはちょっとありそうで無かった食べ物ですね」と絶賛していた。

他にも納豆を使ったデザートとして「納豆バニラアイス」(490円)を紹介。納豆を大胆に使用した醤油味のアイスクリームだ。男性芸能人が「納豆バニラアイス」を頂くと「不思議な味ですね~バニラの甘さがあるんですけどすぐ醤油の味がブワーと来てすぐその後納豆がドンドンドンと来るので口の中が忙しいんですけど、皆さんが想像するよりも全然食べやすいというか癖になる味なんでしょうね」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:456 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:三軒茶屋のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:イタリアン・フレンチのお店紹介
ぐるなび検索:三軒茶屋×イタリアン・フレンチのお店一覧
飛騨牛を贅沢に味わえる「サーロインステーキ」
特製のデミグラスソースをかけた「ヘレビーフカツレツ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy