体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

不妊治療で気になるお金のこと。クリニックを決める際に保険適用の範囲を要確認!

f:id:akasuguope01:20171220081936j:plain

不妊治療を始めて一番気になったのはお金のことでした。

それは、不妊治療は保険適用ではなく、自由診療が多いと聞いていたからです。

私はいくつかの病院に通っていたのですが、病院によって保険適用の範囲が違いました。

初診の時は、だいたいどこも話をして基礎体温表を見せて今後の治療法について説明を聞くことが多く、保険適用での診療ですが、ある病院では話だけでも保険適用外の自由診療で1万円の費用が必要でした。

一つの病院に決め、いざ治療が始まり、タイミングを病院で診てもらう段階では、最初の超音波が保険適用、その後は保険適用外でした。

排卵誘発剤の服用もしていましたがこれは保険適用。この段階では、保険適用の範囲が多く負担には思いませんでした。

次の人工受精に進んだ段階では、人工授精費用は保険適用外。少し高いと感じるようになりました。

人工授精へステップアップした時に、排卵誘発の方法も服薬から注射に切り替えたため、その費用も必要に。ただしこの注射も病院によって何本まで保険適用なのかが違ったのです。

1回に数本打つので、その差は大きく、病院選びの1つのポイントにもなっていました。 関連記事:体外受精の実際のところ。各ステップにかかる費用、そして結果はこうして告げられる

人口授精では妊娠しなかったため、体外受精にステップアップすることに。

ただ、私の家から近くにはできる病院が2つしかなく、それらの病院では、診察から検査、採卵、注射や服薬など体外受精を行うまでの全ての治療が保険適用外の自由診療でした。

1つ1つの検査や注射などが高額なため、かなりの経済的負担に…。治療の最大回数を先に決めてそれで妊娠しないならば諦めようと考えたのはこの時です。

全てが保険適用外ですので一度体外受精しようと思うと病院にもよりますが、50万ほどになってしまいました。

「体外受精は3回まで」と考えていた私たちは、最終的に2回体外受精をしてNG。3回目の体外受精の前に自然妊娠し無事出産しました。 関連記事:不妊治療と産院選び

不妊治療の費用は始めの頃は保険適用であることも多いですが、ステップアップするたびに保険適用外のことが増え、経済的に負担が理由で諦めなければならない時がくると思います。

病院によって費用は大きく変わるので、先に調べておくと安心だと感じました。

f:id:akasuguope01:20171220082048j:plain

著者:もも

年齢:38歳

子どもの年齢:1歳、3歳

上の子は早産で小さく生まれ現在3歳になります。下の娘はやんちゃ盛りですがいつもニコニコ愛嬌のある子に育ってくれました。お兄ちゃんは幼稚園に通いはじめしっかりしてきたので今はお手伝いもたくさんしてくれるようになりました。毎日楽しく過ごしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

我が家の不妊治療費はトータルで約2万円!高額にならなかった理由をお教えします
一度のお会計がナント約100万円!!! 高度不妊治療はお金がかかる……
卵管造影ですぐに妊娠できました

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。