体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分自身が楽しむこと! やりたいことを実現する行動力【Candy Stripperデザイナー・板橋よしえインタビュー】

自分自身が楽しむこと! やりたいことを実現する行動力【Candy Stripperデザイナー・板橋よしえインタビュー】
『Candy Stripper』はデザイナー・板橋よしえさんが専門学校在学中にブランドを立ち上げ、現在では全国に店舗を展開。今、世界からも注目を集めている原宿を代表する人気ブランド。
そのオリジナリティ溢れる世界観を発信し続ける、デザイナー・板橋よしえさんに学生時代のお話から現在のお仕事、これからの展望まで。たっぷりお話を聞かせていただきました!

デザインから検品、撮影までお仕事はいろいろ!

今は年4回、展示会をやっていて。12月・3月・6月・9月の春夏秋冬の展示会が基本です。
1シーズンのデザインに入るのは大体、8か月くらい前から。今は秋冬の製作に入っているのですが、同時に春夏に入荷する商品の検品や追加の企画、撮影、コラボ商品の企画などを進行します。秋冬のこともやりつつ春夏のことも進行するので、ときどきこんがらがってしまうことも!

デザインのヒントは日常から、が板橋さん流!

デザインが浮かぶ大事な時間がライブを観ることだったのですが、今は子どもがいるので以前のように頻繁には観に行けなくて。
以前よりもインプットが足りていなくて、ちょっと大変です(笑)。
今は1人でのんびり考える時間があまりないので“限られた時間の中でいかにインプットできか”ということを常に考えています。
自分が感じたことがデザインに生きてくるので。いろんな気持ちを感じられるように、日々をどう過ごすかがとても大事です。
「Candy Stripperを着ると元気になる」と言ってもらえることが多いのですが、お洋服をまとったときにそう感じてもらえるように、デザインするわたし自身も心も身体も常に元気で、楽しい気持ちでデザインすることでそれがお客様に伝わるといいなと思っています。

たくさんのアイデアの中から自分の作りたいものを見つけていく

アイデアは思いつくたびにメモしています。
描き出していくときは、1番自分が描きたいものから描いていきます。テーマ性の強い、そのシーズンの主となるものから描くことが多いです。
自分が納得いくまで描いたあとは、描いた絵を見返して全体のバランスを見ます。
アイテムに偏りがある場合は不足しているアイテムを描き足したり、コーディネートができるようにひとつひとつの納期も設定していきます。
ショップがあるので“お客様がコーディネートをいろいろ楽しめるように”ということを心がけています。

はじめはデザイナーを目指していなかった!?

はじめはデザイナーなんて絶対無理!と思っていました。
とにかく洋服が大好きで、頭の中は常に洋服のことで頭がいっぱい。だけど、自分には何の職業が向いているんだろう?スタイリストなのかプレスなのか…。写真も撮ってみたいけど、ヘアメイクも気になる…。といった具合で。
自分に何が向いているかわからないけれど、とにかく洋服に携わる仕事には就きたい!という想いで専門学校に進学しました。
高校2年生の時にいろいろな学校のセミナーに行って資料をもらったりした中で、バンタンが1番自分の性格に合っているなと感じました。
先輩たちがすごくおしゃれで楽しくて。先生方も生徒を子ども扱いせず、対等に話をしてくれる。伸び伸びと自由に、自分の好きなことを学べる環境だと思いました。
バンタンは自分がやる気を出せば、チャンスをくれるところというか。「こんなことをやりたい!」という自分の想いが明確で、それに伴った行動をしているとちゃんと見てくれていて、「こんな話があるよ」と話を持ってきてくれたりも。
待っているだけではなく、自分から行動することでどんどん繋がっていった気がします。

遊びの中から発見した、デザイナーになりたい思う気持ち

専門学校1年生のときに、作品撮りをするために衣装を製作していたんです。モデルは自分がスカウトしてきた女の子、ヘアメイクは友達にお願いして、写真も自分で撮って。
その写真がある程度集まったら個展をしようと考えていたのですが。衣装がだんだん集まるにつれて、ファッションショーをやってみたい!という気持ちになり。クラブイベントなどでファッションショーのイベントを企画しました。
そのイベントを定期的に開催するうちに、友達とブランドを作ってみようか!という話になり。そこで誕生したのが”Candy Stripper”です。
ブランドを自身で手掛けることで、気になっていたスタイリスト・プレス・カメラマン・ヘアメイクという仕事すべてに関われるということに気がつきました。

1 2次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy