体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観、エッセイ集『苦汁200%』発売! 作品づくりの原点となる思いとは

尾崎世界観、エッセイ集『苦汁200%』発売! 作品づくりの原点となる思いとは
J-WAVEで放送中の番組「GOLD RUSH」(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「MEET UP」。3月16日(金)のオンエアでは、クリープハイプのボーカル&ギターの尾崎世界観さんがゲストに登場。この日発売された最新エッセイ集『苦汁200%』について伺いました。

尾崎さんは先日、両国国技館で開催された「J-WAVE TOKYO GUITAR JAMBOREE 〜YOUNGBLOOD〜 supported by azabu tailor」に出演しました。ライブの模様は、J-WAVEで3月24日(土)23時からオンエアされます。

【ライブレポート】尾崎世界観、観客の声援に「6番目にカッコいいって言って」

普段は、両国国技館に相撲を観に行くのが好きだという尾崎さんは、「肉が垂れ下がっててかわいい。あのお肉だけでもみてほしい」と、イチオシ力士・明瀬山光彦さんの話題で盛り上がりました。

■エッセイ集『苦汁200%』を発売!

そんな尾崎さんは、3月16日(金)にエッセイ集『苦汁200%』を発売しました。同書は、有料メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」での連載を書籍化した『苦汁100%』の続編で、日々の喜怒哀楽、さまざまな思いが日記として綴られています。

オンエアでは、渡部が内容の一部を音読。その上で、「今の若者を見て感じることってありますか? SNS全盛期で、写真を撮ることがメインのレジャーが多くなっていますが」と訊ねると……。

尾崎:「寂しそうだな」と思いますね。孤独感というか。自分がいつも感じてる気持ちと変わらないだろうなと。そこに写真が残っているだけで、その前後って、いつの時代も変わらないと思うんですよね。

■作品作りの原点とは?

「過去を振り返って、『無理していたな』と思うことはありますか?」という質問には、こんな答えが返ってきました。

尾崎:今でもありますよ。(中略)「自分は何なんだ?」と思うから、曲を書いたり、文章を書いたり、そこに触れようと頑張るんですけど。触ったような気もするし、違うような気もする。その違和感は常にあって、それがあるから作品を作っていけるんです。過去の作品とか歌詞をみても、恥ずかしいとは思わない。そこだけは誇りですね。日記は「バカだな」とは思いますけど(笑)。

尾崎さんの最新エッセイ集『苦汁200%』。ぜひチェックしてください!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOLD RUSH」
放送日時:金曜16時30分−20時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goldrush/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。