体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。

どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。

写真のおじさまが心を込めて(?)吹いている楽器の名を知っていますか?

これは、牡羊や牡ヤギの角から作られた古代イスラエルの角笛「ショファル」。旧約聖書にも登場し、前2千年期から使われているそうですが、この形を応用して現代人が何を作ったかと言うと…。

じゃーん!
音色の代わりに水蒸気

どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。

そう、コレ加湿器なのです。

現代のショファルは、私たちを乾燥シーズンから守ってくれる便利アイテムに。楽器から受け継いだ名前もそのまま「Shofar(ショファル)」。

従来の加湿器の形に思いを巡らわせてみると、四角いもの、ティアドロップ型、筒型、丸型などが浮かんでくるでしょう。どちらかというとインテリアに染まってくれるような、それこそ空気のように存在してくれるようなニュートラルな色合いと形を求めて、加湿器ショッピングに出向いていたのでは?そこへ行くと「Shofar」は、一風変わったデザインを目指したんだ、なんて思うかもしれません。

この「角笛型」、
生まれるべくして誕生した

どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。 実際に独創的な形であるのはさておき、ここでどんでん返しを。実は韓国生まれのデザイナーHYUN YEOL SHINさんがこの形を選んだのは、水を最も効率よく放出できる形だからだそう。まさかそれがショファルの形と一緒だっただなんて。どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。

キーポイントは底の湾曲部分。蒸発が始まるのは、ここにお水が一旦落ちてから。そのため、お水が一滴も残らず放出されるそうなんです。お水を全部使いきれるのは、節約家にとっては微笑ましい点ですね。どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。どうして「加湿器」がこんなカタチになったかというと…。Licensed material used with permission by Hyun Yeol Shin, (Instagram)

関連記事リンク(外部サイト)

これは絵画のように飾る、まったく新しい「加湿器」。
動力不要!部屋を優しく潤す「ヒノキ」の加湿器
とっても楽しい器えらび。ふだん使いだからこそ、美しいこんな器を。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。