体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

繊細ラインがアーティスティック!描き込みアートの個性派ネイル!

繊細ラインがアーティスティック!描き込みアートの個性派ネイル!

メンズっぽカラーをクールにキメる。ニュアンス×ラインのMIXアートネイル

メンズっぽカラーをクールにキメる。ニュアンス×ラインのMIXアートネイル

細く描き込まれた極細ラインは、どんなデザインでも女性らしい繊細さを演出してくれます。今回は極細のラインアートで描き込んだ繊細さが目を引くアートネイル3種をご紹介します。

まずは、ブラックやブルー系のメンズライクなカラーをベースにしたラインアートネイル!

ブルー系の濃淡4色を組み合わせて、淡いニュアンスアートを作ります。
ニュアンスアートは隣り合ったカラーをぼんやりと馴染ませていくのがポイント!爪によってカラーの配置バランスと変えるのもランダム感が出て◎

ラインアートにはメタルシルバーを使用。ニュアンスアートの上から石のひび割れのような柄をオン。アクセントのブラックベースには、曲線をグルグルと重ねます。
仕上げにマットコートを塗ったら完成!! ブルー系にマットコートの組み合わせは涼しげな印象になります!

使用しているカラーはワイルドで男っぽいカラーですが、極細ラインのデザインを入れることで、女性の手にも合うかっこいいネイルデザインとなります。

極細ラインで描く、北欧柄のようなモチーフパターンのアートネイル

極細ラインで描く、北欧柄のようなモチーフパターンのアートネイル

同じニュアンスアートもカラーが変われば雰囲気もガラッと変化!
こちらはグレーとオフホワイトの2色ベースでシンプルに作ったニュアンスネイル。

上に描いたアートはカカオの実をモチーフにしたデザインの総柄。左右1本だけは、モチーフを1つ大きく入れて変化を付けました。

細かく描ける極細ラインなら、テキスタイルのような細やかな模様も描くことができます。モチーフも極細のラインで仕上げれば存在感が増します!!

極細の精緻さが際立つ、クリア×幾何学ラインアート

極細の精緻さが際立つ、クリア×幾何学ラインアート

最後は、クリアベースにブラックのラインだけで仕上げた幾何学柄ネイル。

ベースはシンプルにクリアのみ!
幾何学模様は、四方から様々な形にラインを交差させて爪いっぱいに模様を敷き詰めます。

ラインの細さを均一にするのがまとまった仕上がりに! 黒のランダムなドットをバランス良く散りばめて完成です。

ラインのみで仕上げるアートはシンプルながら印象大! モダンで近代的な印象に仕上げることができます。

3種類の個性派ラインアートネイルをご紹介しました。ぜひ参考にしてみて!

ネイルアーティスト/KAYO

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy