体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

片目だけ目やにが出るのはなぜ?眼科でわかった「鼻涙管閉塞」とは

f:id:akasuguedi:20180317010258j:plain

次女はうまれてすぐ、右の目だけ目やにがよく出ていました。

朝の寝起きの時が一番ひどく、その時は湿ったガーゼで拭いても日中もふと気づくとまた片目だけ目やにがついている、という状況でした。

実は長女の時も同じような感じで、1ヶ月健診の時に目薬を処方してもらってすぐに治ったため、「きっと同じだろうから1ヶ月健診のときに目やにのことを話してみよう」と私は軽く考えていました。そ

して、次女の1ヶ月健診の日、いつもと同じように朝に顔をガーゼで拭き、出産した病院の小児科へ。

その日に限って目やにはあまり出ず、診察の時にも目はきれいなまま。

目やにが出やすいことを医師に相談しましたが、「今は特に目やには出ていないし、もう少し様子をみましょうか。目やにの量が明らかに増えるようならまた来てください」と、目薬は処方されずに終わってしまいました。

言われたとおりに様子を見ていましたが、目やには相変わらず片目だけ頻繁に出ている状態。でも、医師の言うように「明らかに増えているか」と言われれば、増えているわけではなく、毎日同じような感じです。

まだ小さい赤ちゃんを連れて何度も病院に行くのもためらわれ、そのまま生後3ヶ月くらいまで対応することなく放置してしまいました。

でも、写真を撮るときなどだんだん目やにが気になってきて、ついに「眼科に行ってみよう」と重い腰を上げました。 関連記事:目やにがびっしり! 鼻涙管閉塞、それとも結膜炎? セカンドオピニオンを求め眼科へ

眼科にいって、これまでの経過を説明し少し診察するとすぐに「鼻涙管閉塞かもしれない」といわれました。

鼻涙管閉塞とは、目頭と鼻をつなぐ管が詰まった状態のことで、普通だと涙などがその鼻涙管を通って抜けていくのに、その管が詰まっているために目に涙や目やにがたまりやすい病気なのだそうです。医師が赤ちゃんの目頭のあたりを押すと、目に目やにと涙の混ざったものがあふれ出てきました。

たいていは1歳になるまでに自然治癒するらしいのと、うちの子の場合はおそらく完全に詰まっているのではなく、管が細すぎるだけの可能性が高いということ。

「とりあえず今、この目やにがたまってしまっているのをきれいにしていきましょう」と、言われました。

それからは、何度か眼科に通って目を洗浄。目薬を処方してもらって1日に3~4回、家で目薬をさして目頭を軽くマッサージしてあげるようにしました。

ただ、この目薬をさす作業がとても大変!

生後3ヶ月ですでに寝返りができるほど動きが活発な子だったので、私だけで赤ちゃんの顔を押さえつけて目薬をさすのは難しかったです。おさえつけると泣いて逃げ出そうとするのでかわいそうでした。

点眼の瞬間、サッと顔を横に向けられてしまい、目薬が目から外れてしまうこともよくありました。でも、約2ヶ月ほど頑張って続けたおかげで徐々に目はきれいになっていきました。 関連記事:産まれた直後から右眼に涙が溜まってる…先天性鼻涙管閉塞との戦い

いったんすっかりきれいになると、通院も目薬も不要になり、「このまま成長していけば自然に気にならなくなると思うけれど、万が一、また目やにが出続けるようになったら来てください」と言われました。

それからは目やにが気になることはなくなり、今や生後8ヶ月に。

あの時、眼科に行って原因と対処法がわかったのは、本当に良かったと思っています。

著者:koge

年齢:36歳

子どもの年齢:5歳、0歳8ヶ月

二人の女の子がいるアラフォーママです。下の子の成長は本当にあっという間に感じます。今は後追いと夜泣きに悩まされる日々です。最近、上の子の幼稚園の一人っ子のママたちが働き始めたりしていて、ちょっと焦る気持ちも出てきています。今のうちに何か資格でも取っておいた方がいいのかな、と考え始めています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

このタイミングで 上の子が入院!? 年子の弟誕生に向けて全力疾走
RSウイルスで入院した生後6ヶ月。「お母さんが休むための入院でもあるんだよ」
無事誕生と思いきや、汚れた羊水を飲み込んで「一過性多呼吸」で赤ちゃんが入院に…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。