体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶滅危機のミツバチを救える?ロボット受粉システム「Synthetic Polleniser」が新しい

今、ミツバチが世界規模で絶滅の危機にあることを、ご存知だろうか。これは人類にとっても、危惧すべき状況だ。ミツバチは、人間の暮らしに大きく関わっており、その経済効果は数十兆円規模と言われているからだ。

それだけではない。普段私たちが口にする食べ物(果物、野菜、ナッツなど)の約70パーセントは、ミツバチの受粉によって生み出されている。ミツバチの救済は人類の救済であると言っても、過言ではない。

・3Dプリントされたロボット花で人工受粉

この問題に着目したのが、ブリスベンを拠点に活動するアーティスト、Michael Candy氏だ。同氏が提案するのは、3Dプリントされたロボット花による人工受粉システム「Synthetic Polleniser」。これを利用すれば、減少する蜂の個体数を増やす可能性があるという。

少しキッチュな感じもする、黄色い人工花。先端には、合成雄しべと3Dプリントの花弁が施してある。これを、本物の植物と一緒に並べることで、ミツバチにリアルな花だと錯覚させる。中には予め、花の蜜とミツバチの巣からかき集めた花粉を注入。モーターとチューブを介して、蜜の溶液を花の表面に押し付け、ハチを引き寄せる。その後、ハチの体の毛が雄しべの先に付けば、無事受粉完了だ。

・生態系保護の鍵となるか注目

現段階において「Synthetic Polleniser」は、個人の概念的なプロジェクトに過ぎない。しかし、実現すれば、環境に優しい手段で生態系の保護が可能となる。Candy氏は今後、花畑にデバイスを設置し、実験に入る予定。ぜひとも成功し、人間工学のすごさを、世間に知らしめてほしいところ。

Synthetic Polleniser

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy