体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高橋ジョージの印税が桁違いだった件!!

キャプチャ
音楽業界の印税はやはりすごいらしい…。「ロード」の大ヒットで知られる、高橋ジョージのもとには、いまだに年間◯◯万円程度の印税が入るというから驚きだ。今回はそんな夢の印税生活を目指したいという方のために音楽業界の印税の仕組みをご紹介したい。

【音楽業界の印税の仕組み】通常のメジャー契約の場合、楽曲が一曲売れるごとに、約3%が、楽曲の作詞者(1.5%)と作曲者(1.5%)に支払われる、これが「著作権印税」。「著作権印税」は、アーティストの印税収入の最もメジャーなもの。
レコーディングの際、歌唱や演奏で参加していた実演家には「アーティスト印税」が入る。アーティスト印税の内訳は、契約内容によって異なるが、ビッグアーティストでも3%~6%程度、新人アーティストの場合は0.5%~1%が相場。
つまりアーティスト印税が1%の契約を結んでいる場合、1000円のシングルが1枚売れるごとの印税は約10円。他にも、たとえば楽曲がカラオケで歌われれば、一曲あたり2~7円程度の「カラオケ印税」も入るし、最近ではmp3などのダウンロード市場も規模の拡大。
印税収入の最大のメリットは、実際に動く必要がなく、「長期的に安定した収入が得られる」こと。

【成功例で言うと…】・金爆・鬼龍院のカラオケ印税は、自作曲で印税は推定3億円。
・1993年に220万枚を売り上げたTHE虎舞竜のCD「ロード」は、インディーズレーベルからの発売だったため、作詞作曲を手がけた同バンドのボーカル・高橋ジョージは、「1年後に約22億円もの印税収入があった」告白している。いまだに、高橋のもとには年間1200万円程度の印税が入るという。
・鶴久政治は、チェッカーズ時代はサイドボーカルとして活動していたが、「夜明けのブレス」「ミセスマーメイド」などシングルの作曲も担当。解散して22年経つチェッカーズ時代に作曲した楽曲は200曲にも及び、チェッカーズでヒットした「夜明けのブレス」「ミセス マーメイド」がカラオケで歌われる度に印税が入ってくる。家族3人が1年間生活をし、釣りやゴルフをし、さらに高級外車買い換えられるぐらいの金額であるという。【出典】2013年12月29日「週刊実話」

いかがでしたか。桁が違い過ぎてピンとは来ないかもしれないが、奇跡さえ起きれば行けるかもしれませんが…。是非あなたも夢の印税生活を目指してみてください。

【Nicheee!編集部のイチオシ】

元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#2 ~パワーリフティングのいいところ~
元重量挙げ世界一グラドル!伏美亜里紗の「バーベル“美”より」#1 ~ウエイトリフティングとパワーリフティングの違いって?~芸能人のギャラってやっぱすごいの・・・!?

Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。