体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【京都】七五三、成人式…晴れの日を飾るつまみ細工ブランド〜おはりばこさんをご紹介♪

「可愛い子どもたちが、もっと可愛くなるように」そんな願いがこもった日本の髪飾り、つまみ細工。

京都の大徳寺すぐ脇、閑静な街の中にあるかわいいのれんをくぐると、誰かへの想いが込められたつまみ細工の飾りが仲良く並んでいるお店、「おはりばこ」さんがあります。

DSC00097

「おはりばこ」という名前は、店主・北井秀昌さんのお祖母様が、自分の子ども(北井さんのお母様)のために、ハギレを手縫いして何かを作ってあげたことが原体験になって名づけられました。今回はおはりばこ店主・北井秀昌さんに、おはりばこさんのつまみ細工への思いを伺いました。

スクリーンショット 2018-03-18 17.54.40

 

晴れの日を、より可愛く、美しく飾るつまみ細工へのこだわり

ここ数年、つまみ細工の種類は多種多様になり、誰でも手軽につまみ細工を買ったり作ったりできるようになった気がします。その第一線でつまみ細工を作り続けてきたおはりばこさんの「こだわり」とは何でしょうか?

色へのこだわり

つまみ細工は元々、晴れの日を祝うときの髪飾り。合わせる着物も七五三や振袖など、とっても垢抜けて鮮やかな衣装です。おはりばこさんの髪飾りには、髪につける小さな髪飾りでも着物に負けない華やかさがあります。

unnamed (1)

「たかが髪飾りですけど、一番お顔に近いところにあるもので女性のお顔の色を引き立てる大切なもの。なので、一番いい髪飾りを作ろうと思うと、自然に一番いい着物を作るのと同じ材料や手間ひまが掛かります」(北井さん)

スクリーンショット 2018-03-18 17.57.11

おはりばこさんで扱う髪飾りのほとんどが、丹後ちりめんの綸子(りんず)という生地を引染めで染めたもの。色はすべてオーダーで染めてもらいます。引染めは、数ある染色技法の中でも発色が良く、長年色あせにくく染められるという利点もあるそうです。思い描いていた色とほんのちょっとでも違うと染め直してもらうというこだわりようは、「『どこの呉服屋さんよりもうるさい』と言われます(笑)」と北井さん。

裏から見ても美しく作る

髪飾りはつけてしまえば、見えるのは基本的に表の部分だけ。でも「裏から見ても美しく」これがおはりばこさんの哲学だと言います。

「自分で作れるベストを尽くす。これは元々職人でもある母の思想で、理由とかそういったものではないのです。手間ひま掛ければ裏まできれいに作れるなら、作る。出来る限り手を尽くすというのが私達の考えです」(北井さん)

 

DSC07791

写真:おはりばこさんの作り手さんは、まずはこのお花一輪を美しくつくることが目標とされているそうです。左は合格、右はもう少し修行が必要な例。

 

表からだけではわからないかもしれませんが、こうしたこだわりや愛情が表の美しさに現れているような気がします。晴れの日には、どこからみても美しい、そんなものを身に着けたいものですね。

1 2 3次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。