体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映像ブロガー必見! 自撮り用4Kカメラ「Idolcam」は電動3軸ジンバルで手ぶれ軽減

ビデオによるブログで、スマホを使って撮影している人は多いだろう。最近のスマホは性能も良くなっているし、手持ち用ハンドルも増えてきている。

もし、より高品質の映像ブログにしたいのなら、間もなくクラウドファンディングサイトKickstarterに登場する「Idolcam」は要チェック。搭載する電動3軸ジンバルで手ぶれを大幅に抑制できる4Kカメラだ。

・自撮り棒でも使える

Idolcamは平らなところに置いて、または自撮り棒でも使える。4K/30fpsでの撮影が可能で、自撮り棒で撮影する場合でも搭載する電動3軸ジンバルで手ブレなしのスムーズな映像となる。

オプションだが、専用のアームはスプリングがきいていて、こちらを使うと歩きながらでも滑らかな映像となる。

・アプリがリモコンに

また、撮影したらすぐに映像をチェックしたいものだが、Idolcamには180度回転させられるモニターが付いていて、こちらで再生できる。

加えて、専用のアプリでも映像を確かめられ、しかもこのアプリはカメラのリモコンにもなる。三脚などにIdolcamを設置し、スマホでカメラの傾きやズームなどを調整すれば完璧な自撮りビデオとなりそうだ。

Idolcamにはマグネットで取り付けるライトやレンズも2種類ずつ用意されていて、撮影シーンに合わせて活用すると良さそう。

Idolcamは今月下旬にもKickstarterに登場する見込み。ベーシックセットの出資額は350ドル(約3万7000円)〜になるとのことで、サイトでメールアドレスを登録するといち早く案内がもらえる。

Idolcam

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。