体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

欧米で人気のNeatoの最新掃除機ロボット「Botvac D7 Connected」は除外エリア設定ができる!

掃除機ロボットといえばルンバが有名だが、米国ではNeato(ネイト)も人気だ。独特の「D」字型で壁際や角まできれいにするのが売り。

そのNeatoから新型のロボット掃除機「Botvac D7 Connected」が発売される。搭載するカメラやセンサーで部屋のマッピングを正確に行う機能はそのままに、今回は掃除除外エリア設定の機能が加わった。

・「No go」範囲をアプリで設定

「部屋を隅々まできれいにします」とうたう掃除機ロボットは多い。確かに、掃除残しがあると困ってしまう。

ただ、実生活では「このエリアはそのままにして置いてほしい」という場所があったりもする。例えば、ペットの飲み水が入ったボウルのあたりなど。そんなとき、Botvac D7であれば専用アプリで「No go」エリアを設定できるのだ。

・掃除状況のチェックも

商品名にConnected とあるように、Botvac D7はWi-Fiを内蔵し、アプリをダウンロードしたスマホや、Appleウォッチ、Amazon Alexa、Google Homeと連携する。つまり、スマホや音声で掃除の開始や停止、予約などの操作が可能だ。

また、アプリでBotvac D7が部屋のどこをきれいにしたのか、その経過をビジュアルに確かめることができるのも便利だろう。

・フル充電で2時間作動

Botvac D7の駆動時間は最長2時間。自動充電機能もついているので、留守中の掃除を安心して“おまかせ”できる。

サイズは31.9×33.6×10センチメートル、重さ3.5キロ。価格は800ドル(約8万5000円)で、まずは米国と欧州で販売する。

Neato

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。