体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった

登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった

きれいな太平洋の海を眺めながら、洞窟の中にある朱色の御本殿をお参りする。願いが叶うように、亀石へ運玉を投げ入れる……もちろんそれだけでも「鵜戸神宮」は楽しめますが、そこにたどり着くまでの時間も、旅のアクティビティのひとつになるんです。

参拝路の、鵜戸山「八丁坂」を歩く——。これはもはや、トレッキングでした。

 

吹毛井港から神宮の山門までは、800メートル(八丁)ほどの石段が続いていて、夏場ならダラダラと汗が吹き出してくるレベル。かなりの覚悟が必要です。

登って、下って、また登る

登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった

ちなみに八丁坂は、延暦年中(782〜806年)に、尼僧が近くの海岸の磯石を頭にかついで築いたと言われています。やっぱり昔の人はすごい…。

ただ登るだけでもヒーヒー言いながら、でもどこか清々しく、本殿を目指します。登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった 水分補給は、宮崎県民のソウルドリンク「愛のスコール」マンゴー味。登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった 徐々に口数は減り、石段や景色と向き合う時間に。登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった 茶屋で休憩してもいいし、脇目も振らず一気に駆け上がるのもいい。登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった

徐々に、息づかいと、心臓の鼓動しか聞こえなくなって、先にある青い海をまだかまだかと待ちわびます。登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった

そして、最後に下る
「下り宮」

登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった

「鵜戸さん」という愛称で呼ばれることも多い鵜戸神宮は、日向灘に面した鵜戸崎岬の先端にあります。

ここに来るまでにかなり登ってきましたが、最後に下った先に本殿があることは実はとても珍しく、「日本三大 下り宮」のひとつ、なんて言われることも。確かに通常は登った先にありますよね。

激しい荒波が特徴ですが、「青×朱×白」のコントラストは、とてもきれい!登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった登って登って下る。「鵜戸神宮」はトレッキングだった
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。