体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外動画サイトの視聴エリア制限を突破する方法

海外動画サイトの視聴エリア制限を突破する方法

さまざまな動画をアップしている海外サイトでは、日本からの視聴を制限して監視の目を逃れようとしているところもあります。とはいえ、現地では無料で公開されているさまざまな動画は見てみたいもの。そこで、海外動画サイトの勝手な視聴エリア制限を突破する方法を紹介しましょう。

海外動画サイトは視聴エリアを制限

海外の動画サイトは、視聴エリアを制限しているケースが少なくありません。例えば「Youku」や「Tudou」といった中華サイト、アメリカの「9tsu」などなど。日本の著作権コンテンツを勝手にアップロードしていることも多いため、日本からのアクセスを弾くという小手先の対処をしているわけです。

そんな海外動画サイトの視聴制限を突破するテクニックとして鉄板なのが、VPNサーバーを使ったIPアドレスの偽装。動画サイト側が許可している国の中継サーバを経由することで、制限をすり抜けてサイトにアクセスするのです。

そんなVPNサーバーの提供サービスは多種あります。今回は基本ともいえる、VPNサーバーを世に広めた筑波大学の研究プロジェクトが開発した「VPN Gate Client」をご紹介。世界中にある約6,500台のVPN用中継サーバーを無料で活用できます。

海外動画サイトの制限を突破する

さっそく、海外動画サイトの視聴エリア制限を「VPN Gate Client」で突破する方法を見ていきましょう。まずは「SoftEther VPN Client + VPN Gate Client Plug-in」をダウンロードして解凍。「vpngateclient-v4.24-9652-beta-2017.12.21.exe」をダブルクリックしてPCにインストールします。

「SoftEther VPN クライアント接続マネージャ」で「VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー」を選択。世界中の中継サーバーが一覧で表示されるので、経由したい国のサーバーを選び手順に従って接続します。

サーバーは回線速度とPingを確認して選ぶのがコツ。回線速度が速く、Pingの値が小さいほど、安定した通信が可能です。VPNサーバー経由での通信環境が整ったら、目的の動画サイトにアクセス。日本のIPアドレスではNGだった動画が再生できます。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy