体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サーブの小型早期警戒管制機「グローバルアイ」初飛行

サーブの小型早期警戒管制機「グローバルアイ」初飛行

 2018年3月14日(現地時間)、サーブは開発していた小型の早期警戒管制機「グローバルアイ(GlobalEye)」が、スウェーデンのリンショーピングにある飛行場で初飛行に成功したと発表しました。これはビジネスジェット機のボンバルディエ・グローバル6000をベースに3次元レーダーを搭載し、早期警戒管制機(AEW&C)化したものです。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 サーブ・グローバルアイ(GlobalEye)は、ボンバルディエの長距離ビジネスジェット機、グローバル6000がベース。機体上部にサーブ製の長距離3次元レーダー「エリアイ(Erieye)ER」を搭載し、その他データリンクシステムやESM/ELINT(電子情報収集)機器、衛星回線(Satcom)、赤外線センサーなどを装備し、早期警戒管制機(AEW&C)に仕上げています。小型で取り回しのしやすい機体サイズのため、E-3やE-767のような大型機は必要ないけれども、安価で使いやすい大きさの早期警戒管制機が欲しい……という需要に応える機体といえます。

 2015年のドバイ・エアショウで開発が発表され、同時にUAE(アラブ首長国連邦)空軍が2機を発注。UAEは2017年に3機目を追加発注しています。グローバルアイ初号機は2018年2月23日にロールアウトしました。

 およそ3週間にわたる地上試験ののち、スウェーデンのリンショーピングにあるサーブが所有する飛行場で2018年3月14日12時52分(現地時間)、マグヌス・リュンダール、マグヌス・フレドリクソン、マグヌス・ペーテルソン、3名のテストパイロットチームの手によって、グローバルアイは初めて空へと飛び立ちました。

 1時間46分の初飛行の間、機体に搭載された各種の飛行データ測定装置は設計通りの数値を記録し、航空機として所定の性能を発揮して着陸しました。

 着陸後、テストパイロットのフレドリクソン氏は「飛行は計画通り進みました。飛行性能の水準も、我々の高い要求に非常にマッチしたものでした。操縦に関しても予想に違わずスムーズで、とても楽しいものでしたよ」と初飛行の感想を語っています。

 UAEでは、このグローバルアイを救難捜索、国境監視など、多用途監視システム(SRSS=Swing Role Surveillance System)として運用する予定です。ビジネスジェットをベースとしているため、大型の早期警戒管制機より取り回しもしやすく、それでいて同程度の航続時間を持っているので、新たな需要を掘り起こすことになるかもしれません。

Image:SAAB

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

オーストラリア陸軍、新しい偵察戦闘車にラインメタル「ボクサーCRV」を採用
カタール軍がNH90ヘリコプターを28機発注
ボーイング737通算1万機生産達成・あわせてギネス世界新記録に認定

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。