体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・文系な私が、新型リーフを開発したスゴい人たちから話を聞いて思ったこと

▲機械も数字も大のニガテ。超がつくほど文系な私が新型リーフを開発したスゴイ人たちの話を聞いてきました。写真は私と新型リーフくん初デートの日のお食事風景

▲機械も数字も大のニガテ。超がつくほど文系な私が、新型リーフを開発したスゴイ人たちの話を聞いてきました。(写真は私と新型リーフくん初デートの日のお食事風景)

最先端技術のカタマリ、日産 リーフ

日本生まれ! 日本育ち! 日本語を愛し、国語の成績はだいたい5! 数学・理科は常に3! 文学部日本文学科卒! ザ・文系人間の編集部 井上です。

幼い頃から算数やら理科やらが大のニガテ。

このお仕事のおかげで車の仕組みは最低限理解できていますが、ぶっちゃけ機械に関するもろもろにはちんぷんかんぷんなワタクシが、なんと日産さんの「技術説明会」へ参加することになりました。

要は、超ニガテな分野の超ハイレベルな話を聞きに行ってきたわけです。なんと怖いもの知らずな!

ということでこの記事では、私のような文系人間ですら「スゲェ!」と実感できた新型リーフのあれこれについて紹介したいと思います。

▲会場で配られた資料。馴染みのない横文字と数字が並ぶ資料を前に「インスタ映えっぽくしてテンションあげよ」と撮った1枚がこちらです

▲会場で配られた資料。馴染みのない横文字と数字が並ぶ資料を前に「インスタ映えっぽくしてテンションあげよ」と撮った1枚がこちらです

リーフのここがスゴイらしい①

カメラ&超音波がフュージョンして自動駐車

自動運転、自動運転、と騒がれる昨今、もはや「自動駐車」というワードですらパンチ力に欠けてきた気がします。すごい世の中です。実際すでに、スマートフォン操作で駐車できちゃう、なんて輸入車も販売されています。

じゃあリーフは何がスゴイの? となるわけですが、文系の私がザックリ説明すると「とりあえず高性能」の一言でございます。

……すみません、ザックリすぎました。簡単に言えば、カメラとセンサーの量と質がアップしています。

で、カメラがハイスペックになった分「駐車させたい位置の認識」の精度が上がり、超音波センサーを12個もつけた分、「最適な経路で正確に駐車」できるようになったそうです。そして、この2つをフュージョンさせて使っているのは、今のところこのリーフだけなんですって。

ちなみに、私も借りた際に何度かやってみたのですが、ボタンひとつで正確に安全な駐車ができます。普通に私より上手。人や物を機械が検知してくれているので、実は人間の目視より安全、というのも魅力ですね。

▲こういう絵は見飽きたしよく分からん! という方は下の動画を45秒あたりからご覧ください(※PCの方はフルスクリーン推奨です)。プロパイロットパーキングの一部始終が見れます。ショッピングモールなどの混雑した駐車場でやると大渋滞が起こりそうなスピードなのはご愛嬌

▲こういう絵は見飽きたしよく分からん! という方は下の動画を45秒あたりからご覧ください(※PCの方はフルスクリーン推奨です)。プロパイロットパーキングの一部始終が見れます。ショッピングモールなどの混雑した駐車場でやると大渋滞が起こりそうなスピードなのはご愛嬌日産公式動画「New Nissan LEAF Dynamic B-Roll」

リーフのここがスゴイらしい②

e-POWERモデルよりさらに優秀なワンペダル

絶賛バカ売れ中のノート e-POWERで、たくさんの支持を獲得している「ワンペダル」操作。

リーフの場合、これをわざわざ「e-Pedal」と呼称しています。つまり、e-POWERモデルで採用しているワンペダルとはある種「別物」ということ。

▲こちらはノート e-POWERの「ワンぺダル」のテレビCM。パラシュートがバババッと開く感じ、まさにこの感覚がワンペダルです。アクセルペダルから足を離しただけで、車が上手に減速してくれます

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy