体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚

Flower Art Flame 開催!

冬から春へ移る時期、3月17日(土)と18日(日)に開催の FLOWER ART FLAMEは、花とトイレがアーティスティックに共演する、「来て、見て、たのしい フラワーアートイベント」。花とトイレっていったいどんな関係なんでしょう。あのトイレのINAXのイベントなんです。

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
東京ミッドタウン ガレリア地下1Fアトリウムは、庭に面したガラスから明るい光の入る、吹き抜けの空間。開催期間中はそんな開放的な空間に、4つの「フレーム」が展示されています。

「フレーム」は四角い台座に4つの柱がある、1メートル四方ほどの立方体です。そのフレームにはタンクのない「タンクレストイレ」が置かれています。黒とグレイッシュなブラウン色が2つずつ(それぞれの色は、「ノーブルブラック」、「ノーブルトープ」という名称です)。

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
そして、その「フレーム」に収まった、アーティフィシャルフラワーを使ったフラワーアートは色鮮やかで、通る人の目を奪います。

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
このフレームは、「FLOWER SHOWER」というタイトルの通り、ガーベラなどの無数の明るい花々が、トイレの上へと降りそそぎます。夢のような、ふんわりとした非現実感が楽しい作品です。

フラワーアート・ユニット「plantica」

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
今回の作品を創り上げたのが、plantica(プランティカ)。木村貴史さんがクリエイティブディレクターを務めるフラワー・アートのユニットです。2015年のミラノ国際博覧会では日本館のフラワーアートを担当し、また海外のメディアにもフィーチャーされるなど注目のアーティストです。昨年はタイの前国王の一周忌の式典の花も飾りました。

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
こちら、黒のトイレに日本の花をあしらった「MODERN JAPANESE」は、凛とした中にも、日本の鮮やかな春の美しさを感じる作品。台座からの青い光が、いさぎよさを感じさせてくれます。

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
会場で、木村貴史さんにお話を伺いました。

花とトイレは意外に親和性が高い!

花とトイレの新しい関係!INAXトイレの新色がくすぐるアート感覚
木村さんにとって、トイレを素材として扱う作品は今回は初めて。真っ白なトイレではなく、今回新しくリリースされた「トープ」の色合いは、花との親和性が高かったとのこと。それを、四角い「フレーム」の中に一緒に閉じ込めて、ギャラリーで展示するように、一つずつの作品として作り上げたそうです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。