体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きっとあなたが知らない「モンテネグロ」

きっとあなたが知らない「モンテネグロ」

みなさん、ドブロー!今回はクロアチアとアルバニアに挟まれた東欧の国「モンテネグロ」をご紹介します。ドブロー!という挨拶は、モンテネグロの隣にあるクロアチアで度々言われた言葉で、地球の歩き方によると、モンテネグロ語の「ドブロ ユトロ(おはよう)」を短縮した表現なようです。

さて、そんなモンテネグロですが一体どんな国なのか。エピソードと共にご紹介していきます。ちなみに、モンテネグロを訪れたのは2011年の夏。1991年から2001年まで続いたユーゴスラビア紛争の終結から10年が経ち、ようやく平穏が戻った頃でした。

なお、写真はアイキャッチに使っている写真を除く全ての写真が諸事情で、というか人的ミスで使えなくなってしまったので、flickrのcreative commonsから素敵な写真をお借りして掲載します。

 

モンテネグロで訪れた都市とルート、移動方法

世界一周中にギリシャからクロアチアに向かうバルカン半島を北上する途中にモンテネグロの古都「コトル」を訪れました。移動方法はバス。

ギリシャからクロアチアまでのルートは少し複雑です。まずは、アテネから深夜バスでアルバニアの首都ティラナに向かいます。その後、ティラナからバスでシュコダル(アルバニア)へ。さらに、シュコダルから乗り合いタクシーでウルツィニィへ。

僕の場合は、ウルツィニィからタクシーをシェアしてコトル(モンテネグロ)へ向かいます。最近はティラナ(アルバニア)からコトルへの直行バスも出ているとか。

 

モンテネグロでのエピソード(人とのエピソード)

コトルのバー

photo by Leftfield777

ウルツィニィからタクシーをシェアして一緒に移動したカナダ人3人組。3人のうち2人は博士課程を終えた考古学博士。バカンスでカナダのトロントからモンテネグロに遊びに来ていると言ってました。たまたま出会った日が、1人の誕生日だったためみんなでお祝い!

夕飯を一緒に食べて、コトルのビーチで乾杯しました。ちょうど満月の日で、月明かりに照らされたアドリア海が幻想的でした。

 

モンテネグロでのエピソード(場所のエピソード)

コトルの教会

photo by Charlie

美しい自然と旧市街が世界遺産に指定されているコトルはアドリア海に面した湾岸都市です。旧市街の背後は険しい山肌になっていて、山に登る形で城壁が築かれ石畳が続きます。そのため旧市街内を山側に歩いていけば階段が現れ、階段は山道につながっています。

コトルの名物となっているのが、この山歩き。と言っても、過酷なものではないので飲み物の準備さえしておけば1,2時間程度で往復できます。

山道の途中には廃墟のような教会や崩れた城壁があり雰囲気抜群です。旧市街からのルートだと、山頂までは繋がっていませんがそれでもコトル湾を見下ろすと赤い屋根に覆われた旧市街と入り組んだコトル湾、そして周りの険しい山々が絵画のようです。

 

モンテネグロ旅行で知っておくべきキーワードは「ユーゴスラビア連邦」

kotor
1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy