体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。

今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。

水面に反射する光の波紋。
ユラユラと形を変える波の模様は、見ているだけで癒されますよね。

そんな光の波紋をずっと見ていたい。
という気持ちに応えた商品が、このルームライト。

こんな新発想の照明があったら、毎日リラックスできそうです。

本物の
水面の波紋を映す
ルームライト

今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。

このルームライトの名前は「muul light」。韓国語で「水」を表す「mul」という言葉からきているのだそう。

このライト、水面の波紋を模した映像を映しているのではなく、水の入ったボウルを吊り下げて、本物の波紋を反射させているという、こだわりのつくり。

吊り下げられたボウルは黒く、ゴツゴツと岩のような質感。
ぶら下がっていても雰囲気を壊しません。今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。

ボウルの中には小さな電磁石が入っていて、この電磁石が上下にゆっくり動くことで、美しい波紋を生まれます。

水面を囲むようにLEDがつけられ、その光が上部の白いスクリーンに反射することで、光の波紋が現れる仕組み。

このライトなら何時間でも眺めていられそう。

ホテルのロビーやレストランにも

今宵、水面にゆれる柔らかい「光」に照らされて。

ゆったりとリラックスできる空間を演出するこのライト。

自宅でのんびり寛ぐのはもちろん、レストランやホテルなど店舗空間にあってもよさそうですね。

リゾート気分を味わって、心から癒されたい人にぴったりです。Licensed material used with permission by Lee Chang Heon

関連記事リンク(外部サイト)

開くと間接照明、閉じるとリビングライトになる「inMOOV」
未来の照明は「光る植物」に取って代わるかも。
見た目ほとんどエイリアンな間接照明。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。