体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【福岡】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット20選。観光にもおすすめ

【福岡】雨の日のお出かけに!室内で遊べるスポット20選。観光にもおすすめ 福岡

福岡で雨でも楽しいひと時を満喫できるおすすめスポットを集めました!

2017年春にリニューアルした「マリンワールド海の中道」や迫力ある恐竜の骨格標本など見ごたえのある「北九州市立いのちのたび博物館」など、知的好奇心をくすぐる室内スポットがいっぱい!ほか、歴史スポットやビール工場見学なども注目です!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

マリンワールド海の中道

マリンワールド海の中道出典:じゃらん 観光ガイド マリンワールド海の中道

\口コミ ピックアップ/

雨でも大丈夫なので良いと思いました。

小さい子供連れにもぴったりで、一日中遊べました。また行きたいです。

(行った時期:2017年12月)

国営公園の中にある水族館。大きな水槽の中には、大小無数の魚が泳いでいます。たくさんの鮫がいたり、海の生物を触れるコーナーがあったり、大人も子供も楽しめる水族館です。

(行った時期:2016年6月) マリンワールド海の中道

住所/福岡県福岡市東区西戸崎18-28

「マリンワールド海の中道」の詳細はこちら

北九州市立いのちのたび博物館

北九州市立いのちのたび博物館出典:じゃらん 観光ガイド 北九州市立いのちのたび博物館

北九州市立いのちのたび博物館は新日本製鐵八幡製鐵所の工場跡地の一角に建設され、2002年11月3日にオープン。常設展として、自然史部門では様々な昆虫・恐竜・昔の町の風景等を展示しており、歴史部門では「路」をテーマに東アジア世界での文物の交流をテーマとした展示をしている。恐竜をテーマとしたアースモールでは展示空間の大きさを生かし、恐竜の等身大全身骨格の展示も行われている。そのほか、随時特別展を開催している。北九州市の市制50周年と開館10周年を記念して2013年3月23日にリニューアルオープン。

\口コミ ピックアップ/

恐竜の骨格標本に迎えられました。大迫力です。大きいものから小さいものまで、数が多いです。天井に吊るされているものは、2階から見ることも可能です。

剥製の種類も哺乳類から魚類まで色々です。

その他、石、貝などのコーナーもあります。

(行った時期:2017年10月)

特におすすめなのは、恐竜の時代を体験できるコーナーです。恐竜の生きていた時代が再現してあり、音や解説とともに学べるのですが、恐竜がまるで本物のように動くので、あまりのリアルさに泣き出す子もいるほどでした。大人でもとても見応えがありました!

(行った時期:2017年9月) 北九州市立いのちのたび博物館

住所/福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1

「北九州市立いのちのたび博物館」の詳細はこちら

九州国立博物館

九州国立博物館出典:じゃらん 観光ガイド 九州国立博物館

東京・京都・奈良に次ぐ4番目の国立博物館である。「日本文化の形成をアジア史的視点から捉える」というコンセプトをもつ。3階の特別展示室、4階の文化交流展示室のほか、1階にはアジア文化の体験エリア“あじっぱ”がある。

1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。