体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。

キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。

昔からカタチの変わらない道具って、意外と身の回りには多くあります。用途に合わせて設計されてはいるはずですが、よくよく考えてみるとナゼにこのカタチ?なんて思えたりも。

そこへいくとこの「HALF HALF」は、従来の計量器の概念を覆す、美しさを追求した新しいデザイン。斬新すぎて、もう理解に苦しむって(笑)

キッチンツール革命!
大理石とガラスの調和

キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。

このアイテムの特徴は、とにかく美しいこと。

一般的に、デザインよりも実用性重視で開発される調理器具が多いなか、このスケールの美しさは群を抜いています。

素材はなんと大理石。透明な部分はガラス

使っていないときは、ガラスと大理石が半分半分になった長方形の状態。これがキッチンに置いてあっても、計量器だとはちょっと予想できないでしょ。

実用性は二の次?
美しさ、それが大事。

キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。

使うときは上部を上にずらします。

よく見ると、ガラス部分には細かい目盛りが刻まれています。目盛りが目立たず、さりげないのも、美しさのポイントです。キッチンアイテムに実用性はいらない!ただ美しくあれ。

ガラス部分に量りたいものを入れれば、重みでガラスが下がり、重さが量れるという仕組み。

大理石とガラスとなると、お手入れが大変そうだし、ガラスの目盛りは見づらく重さがさっぱりわからないし、正直に言って使い勝手は悪そうですが、とにかく美しい。この“美しさ”こそ正義!だってそれがコンセプトだから。

たとえキッチンに置く計量器ひとつでも、デザインに妥協したくない人にはもってこいのこの商品。欲しいかどうかは別にして、「とにかく美しく!」という着想はおもしろいのではないでしょうか。

うん、たしかに美しい。Licensed material used with permission by Constantina Sfakianakis

関連記事リンク(外部サイト)

【心理学】「キッチン」が見えると、料理がおいしく感じると判明!
はい、見たまんまです。では、なぜ台所がシースルーなのか?
コレ一箱がキッチンにあると便利です!

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。