体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダニー・ボイル、ジェームズ・ボンド映画次回作を監督すると明かす

ダニー・ボイル、ジェームズ・ボンド映画次回作を監督すると明かす

シリーズ第25作となる次のジェームズ・ボンド映画で誰がボンド役を務めるかという謎はすでに解明されているものの(ダニエル・クレイグが再演)、監督の椅子に誰が座るかは謎に包まれたままだった。しかし今回ついに、ダニー・ボイルが監督を引き受けたことを正式に認めたとの情報が入ってきた。

直近の第23作『007 スカイフォール』と第24作『007 スペクター』を監督したサム・メンデスの後釜に座るのはボイルかとの噂は数ヶ月前からささやかれていたが、今週米ニュースサイト『Metro US』に掲載された記事で第25作に関する決定的な情報をボイルが明かしている。

「(ボンド映画は)脚本が書き起こされている段階だ。脚本次第だよ。僕は今、リチャード・カーティスが書いた(別の映画の)脚本を確認していて、その撮影は6~7週間後に開始したい。そうすればボンド映画は年末に始められるからね。ともかく両方の作品を進めているところだ」

ボイルが言っているリチャード・カーティスの話は、ボイルが監督してカーティス(『ラブ・アクチュアリー』、『ノッティングヒルの恋人』)が脚本を務める、まだ詳細不明の「音楽をテーマとするコメディ映画」のことだ。そのコメディとボンド映画の仕事が時期的に重なりすぎるのではないかと懸念する声もあるが、ボイルは自分のスケジュールに両作をうまく組み込む見通しが立っているようだ。

しかし、ボイルのコメントには少し気になる点もある。脚本のジョン・ホッジと共にかねてから考えていた案が現在書き起こされているそうなのだが、「全てはその出来栄え次第さ」と『Metro US』に話しているのだ。

これは、ホッジの脚本に満足できなければ監督を降りるという意味だろうか? 万一の降板に備えてボイルが予防線を張っている気がしてならない。

いずれにしても、ボンド次回作に関してボイルは、「今はジョン(・ホッジ)が脚本を書いてる。(中略)その内容を僕が漏らしたらおかしいだろ」とまだまだ口をつぐんでいる。

ボンドシリーズ第25作は、現時点では2019年11月の米国公開を予定している。また続報が入り次第お知らせしたい。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『スパイダーマン』のスピンオフ作品『ナイトウォッチ』に、スパイク・リー監督が交渉中
マーゴット・ロビー、惨殺された故シャロン・テート役でタランティーノ監督新作に出演交渉中
『ブラックパンサー』、公開26日目で世界興行収入10億ドルを突破!
ジョーカー単独映画で描かれるのは、80年代の落ちぶれたコメディアン!?
スーパーマン俳優ヘンリー・カヴィル、自分が死んだという誤った検索結果に反応

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy