体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3,700匹の「たい焼き」と向き合った男が選ぶ、東京の名店とは?

3,700匹の「たい焼き」と向き合った男が選ぶ、東京の名店とは?

 『東京のたい焼き ほぼ百匹手帖』(立東舎)という書籍がある。

著者は、イワイサトシさんという男性。

無類のあんこ好きがこうじて、これまでにたい焼き約3,700匹、豆大福約2,500個を食べてきた、通称「あんこ食う大魔王」。本業はグラフィックデザイナーだそうな…。

一体どんな人なんだろう? と疑問に思っていたところ、ご本人にインタビューする機会を頂いた。

「たい焼き」のスペシャリストに、初心者が東京でまず足を運ぶべきお店について話を聞いてみると、次第に、イワイ氏がどんな想いで「たい焼き」と向き合っているのかが見えてきた。

「僕は、そこに寝そべってみたい。
 挟まれてみたい。
 たい焼き側になりたい」

───いきなりですが、たい焼きビギナーは、どの店から攻めればいいですかね?

「麻布十番の『浪花家総本店』さん、人形町の『高級鯛焼本舗 柳屋』さん。新宿四谷の『たいやき わかば』さん。歴史が古い順ですね」

───創業順っていうことですか?

「そうです。最初にたい焼きを作ったのが明治42年創業の『浪花家総本店』さん。次が大正5年創業の『高級鯛焼本舗 柳屋』さんです。

『高級鯛焼本舗 柳屋』さんはあんこ屋さんに勤めていた人が始めた店なので、あんこに自信があるんです。昭和28年に行って、『たいやき わかば』さん。皮にもちもち感が出て、だんだんステップアップしてきました。

この御三家をクリアしたら、次は一度にいっぺんに焼く『連式』という焼き方をしているお店をオススメします。これで有名なのが恵比寿の『たいやきひいらぎ』さん。一匹に対して、30分かけて焼くんです。間に合うの?って思うんですが、実際にお店に行ってもらえればわかります。カウンターがあって、周りが焼き型で囲まれているので、一回に50、60匹は作れるんです。

僕はいっぺんそこに寝そべってみたい。挟まれてみたい。たい焼き側になってみたいんです」

───行き着くところまで行くと、そうなるんですね。

「さすがに『危ないですよ』って、真っ当な指摘をうけました」

───(笑)。3,700匹の「たい焼き」と向き合った男が選ぶ、東京の名店とは? 麻布十番『浪花家総本店』3,700匹の「たい焼き」と向き合った男が選ぶ、東京の名店とは? 四ツ谷『たいやき わかば』3,700匹の「たい焼き」と向き合った男が選ぶ、東京の名店とは?

恵比寿『たいやきひいらぎ』

「たい焼きは『食べる民芸品』という
 ポジションで推してます」

───東京以外で、地域によって違いはあるものなんですか?

「そもそも東京のものなんですよ、たい焼きは。同心円状に広がってるんです。九州とか行っても、たい焼きはほぼないと思います。地方では、ご当地モノに変わるんです。有明海だったらムツゴロウの形になったりして、“たい” 焼きじゃなくなる、っていう宿命を背負っているわけです」

───局所的に熱がある場所とかは?

「あまり聞いたことないですね。地方の知人に聞いたら、お祭りの出店などで食べたことはあるけど、お店で買って食べた記憶はない、と言っていました。

やっぱり東京の文化だし、東京の民芸品。『食べる民芸品』というポジションですね。僕はそう推してます」

「1匹単価3万円くらいですが、
 このためだけに伊豆大島へ」

───イワイさんの中で、邪道だなっていうのはあるんですか?

「ギリギリで、クロワッサンたい焼きは除外ですかね。生地を流してないっていうのがやっぱり…。生地を敷いて、あんこを入れて、型でグッて押すんですよ。それはちょっと君たち…ってなっちゃう。でもやっているのがたい焼き屋さんだし、『銀のあん』さんみたいなお店もあるので、あまり強くも否定できない。最近はバリエーションのひとつとしてアリだな、と思っています」

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。