体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Huawei、Snapdragon 450を搭載した「Honor 7C」を発表

Huawei がエントリーモデルの新基準となりうる 1,099 元の新型スマートフォン「Honor 7C」を中国で発表しました。
Honor 7C は最近増えてきた 5.99 インチ 18:9 ディスプレイ(1,440 x 720 ピクセル)を搭載した大型のエントリーモデルで、背面には 1,300 万画素 + 200 万画素のダブルレンズカメラ、そして最新の Android 8.0 + EMUI 8.0 システムを搭載しています。
上記のようなスペックの機種が日本円で約 18,000 円とはコストパフォーマンスの高い一台だと言えます。
また、エントリーモデルではまだ珍しい Snapdragon 450 1.8GHz オクタコアプロセッサを搭載しているので、性能面では Snapdragon 430 や Snapdragon 450 を採用した従来のエントリーモデルより優れていると思われます。
メモリ別のラインアップには 3GB RAM + 32GB ROM と 4GB RAM + 64GB ROM で、それぞれデュアル SIM と Miro SD カードをサポートしています。
バッテリー容量は 3,000mAh で、USB コネクタは Micro USB です。
リアはデュアルカメラ仕様ですが、前面は 800 万画素のシングル構成となっています。
Honor 7C は 6 インチスマホながらも比較的スリムで軽量です。
筐体サイズは 158.3 x 76.7 x 7.8mm、質量は 164g となっています。
カラバリは、Platinum light、Magic night black、Aurora Blue の 3 色があります。
Source : Vmall

■関連記事
DJI CrystalSkyがMavic Airをサポート
Canon Camera ConnectがEOS Kiss Mの自動転送に対応
Android Wear 2.9で「Wear OS by Google」に変更

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。