体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Licaxxxが曲を作るきっかけ! 「実験音楽」の世界を紹介

Licaxxxが曲を作るきっかけ! 「実験音楽」の世界を紹介
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。3月14日(水)は、Licaxxxとのコンビでお送りしました。日替わりナビゲーターがお送りする「DAILY SESSIONS」のコーナーでは、Licaxxxが「実験音楽」を解説しました。

Licaxxxは3月15日(木)に西麻布にある「BULLET’S」でライブ出演しました。このクラブは「実験音楽の聖地」と言われきましたが、残念ながら3月末をもって閉店します。

大学2年生で音楽をつくりはじめたLicaxxxは、アンビエントやドローンといった実験音楽からスタートしました。きっかけは大学の授業だったそうです。

Licaxxx:実験音楽との出会いは大学の授業でした。パソコンで音楽をつくるDTMの授業などがあったんですが、先生がアプリケーションの使いかたよりも「音のおもしろさ」を伝える授業をやってくれていて。「ピアノの音源だけを使い、エフェクトを何個でも使っていいので、聴いたことのない音色をつくりなさい」といった課題がでていたんです。そこで私が音楽だと思っていたものと、「音」としか認識していなかったものの間が広がっていった、という。

オンエアでは、Licaxxxの大学の恩師のグループSJQ++や同じ研究室の同級生、Kazuki Muraokaさんの楽曲などを紹介しました。

Licaxxxが1年ぶりにライブセットで出演した今回のイベント「Hardcore Ambience 2018SS AREA03」は、ナカコーさんこと元SUPERCARのKoji Nakamuraさんらが主催したもの。Nakamuraさんは「Epitaph(エピタフ)」名義で、ストリーミングのプレイリストで作品を発表しています。

Licaxxxの音楽遍歴が語られるオンエアとなりました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。