体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

湘南乃風・HAN-KUN、実はタオルを振ってない?「俺は手に巻いてるだけ」

湘南乃風・HAN-KUN、実はタオルを振ってない?「俺は手に巻いてるだけ」
J-WAVEで放送中の番組「GROOVE LINE」(ナビゲーター:ピストン西沢)。3月14日(水)のオンエアでは、湘南乃風のRED RICEさんとHAN-KUNさんが登場! 新曲からタオルの振り方まで熱く語りました。

■タオルは実は振っていなかった!?

ニューシングル「やめちまぇ!」を3月21日(水)にリリースする湘南乃風。この曲は寺岡呼人さんとタッグを組んで制作されました。

RED RICE:湘南乃風としては初めて外部からプロデューサーの方に来てもらい、一緒に作っていただきました。「客観的に見た僕らはどうなんだ」っていうことをやっていただいたら、こういう感じになりました。
西沢:なるほど。アレンジャーなんかも、他で活躍している人を起用したりしてますよね。今回は、自分たちにないものを追い求めているわけですか? だって湘南乃風が出て何年ですか……15周年!?
RED RICE:そうです。今年、ちょうど15周年になりました。
西沢:そろそろ倦怠期だ。
RED RICE:そうですね。何度か……倦怠期はだいぶ迎えてますね(笑)。
HAN-KUN:長い倦怠期が続いているよね(笑)。

西沢:倦怠期が日常になってきて、最終的にはライブでタオルを振るときに四十肩になって痛くなってくると……。
RED RICE:だんだん(位置が)下がってくる(笑)。
西沢:タオルはずいぶん振り回しましたけど、カッコよく振るコツとかあるんですか?
RED RICE:HAN-KUNの方が振ってるから、わかるんじゃないですかね。
HAN-KUN:俺は巻いてるだけ。
RED RICE:やっぱり手首のスナップじゃないですか。HAN-KUNはクールだから最初モーションだけ見せて、みんなが振り出したら自分は振らないみたいに、けっこうSで。俺は一緒になって最後まで振ってるっていう。

■新曲は「自分に言っている」感がある

続いて、湘南乃風の曲のイメージについての話題になりました。

西沢:ダメな空気っていうか、ダメな日常を歌う湘南乃風がよかったんですけど、今回の「やめちまぇ!」は上からですよね。
RED RICE:これ、でも自分のパートとかは自分に言ってる感はありますよ。
西沢:それって、人それぞれなんですか?
RED RICE:捉え方は人それぞれなんじゃないですかね。
HAN-KUN:でも、基本的に俺らは自分たちの部分で歌うことが多いもんね。
RED RICE:そう、自分らに言って、そういう自分らになろう、みたいなことが多いんじゃないですかね。

メンバーそれぞれが自分自身に向けて歌っているからこそ、聴く人の心に強く響くのかもしれません。ニューシングル「やめちまぇ!」、ぜひお聴きください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GROOVE LINE」
放送日時:月・火・水・木曜 16時30分−19時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/grooveline/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。