体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サカナクション、最新アーティスト写真を公開

初のベストアルバム『魚図鑑』をリリースするサカナクション。“魚図鑑”という作品コンセプトに連動し、サカナクションのメンバー自身を解析するという独特なコンセプトのもと撮影された最新アーティスト写真が公開された。このアーティスト写真は19世紀の写真家エドワードマイブリッジの連続写真から着想を得ており、黒地に白ラインのグリッドの前でメンバー各自の動きを連続撮影し、それらの写真を合成したもの。モノクロームで仕上げられ、古い魚の専門書をベースとした魚図鑑同様に時代感を感じさせる写真となっている。アートディレクションはサカナクションのMVを数多く手掛ける田中裕介、フォトグラファーは田島一成が担当。
サカナクション (okmusic UP's)

アーティスト写真発表に合わせて、ベストアルバム『魚図鑑』のスペシャルサイトではサカナクションとゆかりのある著名人がベストな1曲をセレクトする“僕たち、私たちが選ぶ!サカナクションのベスト1曲”というコーナーを開設。大泉洋、妻夫木聡、橋本環奈などの著名人がサカナクションとの出会いを語っており、意外なベスト選曲もある必⾒の内容だ。今後順次追加発表されていくとのことなので、ぜひリリースまで楽しんでほしい。

さらに、早期予約購入特典の内容も発表。『魚図鑑』のアートワークで採用されている魚の分布図がデザインされた“魚分布図チケットホルダー”で、ファンにはうれしいグッズとなっている。すでに一部のECショップでは完全生産限定盤プレミアムBOXの完売が発生しているので、購入を検討中の方はお早めに! また、Blu-ray、DVD が各々付属した初回生産限定盤や期間限定生産盤も生産数に限りがあり、今後完売が見込まれているのでこちらを購入検討中の方は逃さず手に入れてほしい。

■ベストアルバム『魚図鑑』リリース記念スペシャルサイト

http://www.jvcmusic.co.jp/sakanaction/sakanazukan/
ベストアルバム『魚図鑑』
2018年3月28日発売

【完全生産限定盤プレミアムBOX】(3CD+魚大図鑑)

VIZL-1370/¥7,000+税

※スリーブケース付きトールサイズ商品を特製ボックスに梱包した豪華装丁プレミアムBOX仕様

※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

【初回生産限定盤Blu-ray】(2CD+魚図鑑+Blu-ray)

VIZL-1371/¥5,600+税

※スリーブケース付きのトールサイズ商品

※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

【初回生産限定盤DVD】(2CD+魚図鑑+DVD)

VIZL-1372/¥4,600+税

※スリーブケース付きのトールサイズ商品

※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

【期間限定生産盤】(2CD+魚図鑑)

VICL-64991~2/¥3,600+税

※スリーブケース付きトールサイズ商品

※2018年6月末までの期間限定生産商品となります。

※「プレイパス」サービス対応(ダウンロード有効期限:2019年3月31日まで)

<収録曲>

■CD Disc1「浅瀬」

01.新宝島

02.夜の踊り子

03.Aoi

04.ルーキー

03./ 6

05.アイデンティティ

06.ライトダンス

07.セントレイ

08.僕と花

09.『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』

10.ミュージック

11.モノクロトウキョー

12.Klee

13.表参道26 時

14.アルクアラウンド

15.アドベンチャー

16.ナイトフィッシングイズグッド

17.陽炎 –movie version-

■CD Disc2「中層」

01.ワード

02.三日月サンセット

03.ネイティブダンサー

04.ホーリーダンス

05.なんてったって春

06.サンプル

07.⽩波トップウォーター

08.夜の東側

09.スローモーション

10.涙ディライト

11.明日から

12.仮面の街

13.エンドレス

14.years

15.ボイル

16.ドキュメント

17.目が明く藍⾊

■CD Disc3「深海」

01.潮

02.YES NO

03.ティーンエイジ

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。