体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
鳥取県の和牛ブランド「大山黒牛(だいせんくろうし)」を、地元の鳥取県以外で唯一、焼肉で楽しむことができるお店「焼肉 強小亭GINZA」が3月26日に東京・銀座にグランドオープンします。

今回のオープンに先駆けて、3月16日から1日10組様限定のプレオープン特別コースも登場。3月26日のグランドオープンより一足先に大山黒牛が堪能できます。

鳥取県の和牛ブランド「大山黒牛」とは

鳥取県の和牛ブランド”大山黒牛”。均一に脂が入っているので、非常にさっぱりとした霜降りと赤身のバランスで、重さを感じさせないお肉なのです。

そのおいしさはまさに折り紙付き。昨年開催された和牛の改良の成果や、その優秀性を競う和牛のオリンピック「全国和牛能力共進会」で、見事1位を獲得しました。

鳥取県で飼育されている大山黒牛の数は130頭。生産者の西田さんが、家族同様大事にして育てているという大山黒牛は、1か月に2頭しか出荷することができないという貴重なお肉。

そんな西田さんが「肉になってもかわいい牛」と断言する大山黒牛を使ったメニューを一部紹介します。

大山黒牛を使ったバラエティ豊かなメニュー

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
こちらが前菜。左上から、大山黒牛 雲丹 山葵、鳥取産甘蕪 菜花 カラスミ、鳥取さん新玉葱 黄身酢、大山黒牛握り 大山醤油。うつわや盛り付けも美しく、こだわりが感じられます。

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
続いて、赤身の焼物が登場。カメノコとイチボです。

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
焼物はすべてお店のスタッフが焼いてくれます。美味しい焼き方を熟知したスタッフが焼いてくれるので、一番良い状態のお肉をいただくことができます。

もちろん、焼き加減の好みがあればそれを伝えればOK。その通りに焼いてくれますよ。

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
お好みで、塩かわさびをつけて。こちらの塩も鳥取県のものだとか。

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
筆者はシンプルに塩をつけていただきました。お肉本来の味が充分に感じられます。これが鳥取のブランド牛、大山黒牛の味。

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
赤身の焼物のあとは、霜降りの焼物が登場。ザブトンの焼しゃぶを出汁をかけていただきます。

ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
ここでしか味わえない!鳥取のブランド牛”大山黒牛”が東京銀座に上陸「焼肉 強小亭GINZA」
箸休めの生野菜。すべて鳥取県産の根菜と青菜。お肉の合間に、さっぱりと食べられます。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。